体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

深夜中華「マルシン飯店」の熟成豚肉ギョーザが激ウマすぎて震える件【京都】

f:id:mesitsu_la:20160823082300j:plain

二代目の探求心から生まれた新餃子

こんにちは、メシ通レポーターの泡です。自炊の際は7割方、キャンペーンでゲットした「餃子の王将」の餃子皿に料理を盛りつけています。とても使いやすいのでおすすめです。

と、いきなり他店の話で失礼。今回ご紹介するのは、京都の人、とくに京都の中心部界隈の人たちにとっておなじみの大衆中華料理店「マルシン飯店」です。

朝まで開いているので、もしかしたら木屋町界隈で働く人には「餃子の王将」(京都が発祥の地とご存じでしたか?)よりも食べる頻度が高いかもしれない。

f:id:mesitsu_la:20160823082253j:plain

地下鉄東西線・東山駅2番出口から西へすぐ。

f:id:mesitsu_la:20160823082254j:plain

東大路通と三条通の交差点の南東側にあります。

朝まで営業の頼もしき一軒!

f:id:mesitsu_la:20160823082255j:plain

デデンと明朝体の大きな看板。ガラスケースに模型が陳列されています。

朝6時まで営業しているため、私の周りでは飲んだ後の〆を求めていくイメージが強いのですが、実は昼間から通しで開けているのだそう。知らなかった! 京都観光に来てランチを食べ損ねたという時にも重宝しますね。

f:id:mesitsu_la:20160823082256j:plain

昔ながらの中華食堂的な雰囲気。

開業から40年弱。初代の前川 凉さんが当時京都で人気だった大衆中華のお店で修業した後、蕎麦屋の居抜きで始めたのだそう。

「最初は前のお店にならって蕎麦やうどんを出していたようですが、流行らへんかったみたいで(笑)。中華の方にシフトしたと聞いています」と、二代目の前川流史郎さん。

f:id:mesitsu_la:20160823082257j:plain

ベテラン職人さんたちを束ねてお店を守っています。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。