ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「マザー牧場」のイルミネーションが大迫力!おまけに食べ放題まで楽しめちゃう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、大和です。今回は公共機関を使ってマザー牧場のイルミネーション「キラキラファーム 光の森の音楽会」観光と2大食べ放題というものに挑戦してみました。年々パワーアップしているという同牧場のイルミネーション。上記の画像は光のトンネル、なかなかロマンチックな雰囲気です。

アクセス方法は?

公共機関を使用してマザー牧場に行くのであれば、JR君津駅かJR佐貫町駅が最寄りになります。往路は佐貫町駅から路線バス(鹿野山線)で出発(片道480円)、復路はマザー牧場18:35発の最終便で君津駅まで戻りました(片道700円)。復路の最終便は、イルミネーション期間中だけのために設定された特別の路線バスです。

16:00以降の入場だと食べ放題料金だけでイルミネーションも楽しめる!

お値段は、16:00以降の入場が500円、食べ放題付の入場なら2,500円。動物には会えませんがイルミネーションだけ楽しみたいという方にはおススメです。 画像奥の正面の建物が食べ放題のレストランです。

どちらを選ぶ? 2大食べ放題!

「名水もち豚のせいろ蒸し」か「名物ジンギスカン」のどちらかを選択します。ソフトドリンク・カレー・サラダ・ケーキ付き、ラム肉・牛肉・豚バラ肉……、肉の種類も豊富でかなり薄くスライスされているため、すぐに熱が通ります。わたくしは「名物ジンギスカン」を選択しましたが、この日「名水もち豚のせいろ蒸し」は早い段階で売り切れていたようです。もちろん食べ残さないようにして、たくさんいただきましょう。

お腹がいっぱいになった後はイルミネーションショーへ!

マザー牧場では、イルミネーションが音楽に合わせて光る「光の森の音楽会」というふたつのタイプのショーが行われます。「動物たちの音楽会」は、この動物たちがライトアップされるのが始まり。音楽のリズムにあわせてイルミネーションが変化します。かなり目まぐるしく色合いが変わります。こちらは、どちらかというとファミリー向けの明るい雰囲気。一方、「花と木たちの音楽会」はデートの雰囲気にぴったりな音楽でした。

キラキラファーム開催中は土日祝限定のナイト遊園地や2016年11月19日からは8mのモミの木の下でスケート用のアイスリンクができるなど、動物たちがお休みでもいろいろイベントを予定しています。もちろん昼間は動物たちと戯れて、そのまま夜のイルミネーションを楽しむということも可能です。期間は2017年2月12日まで。夜はかなり冷え込みますので暖かい服装で挑んでくださいね。

マザー牧場キラキラファーム 光の森の音楽会2016-2017公式HPはこちら公共交通機関をご利用の方 公式HPはこちら

実際のイルミネーションはもっと迫力があるのですが……。

画素数の関係でナイトモードで撮影すると記事にアップできないというジレンマに襲われておりました。夜間だと画像がぶれやすくボツになった画像も多いという悲劇にも見舞われておりました。ブルー系のライトが中心ですが、実際は宝石箱をひっくり返したような色合いでめまぐるしく色が変化し、同じ場所でも音楽の流れとともに雰囲気はかなり変化していく楽しさがございました。撮影のタイミングはずれまくりましたが。記事にも書きましたが、かなり冷え込みます。肉料理をたくさん食べてからイルミネーションを楽しむほうが、寒さを和らげることができると思います。イルミネーション会場は足元がかなり暗いので、帰りのバスの最終便出発時間と同様、お気をつけて行動してくださいませ。

関連記事リンク(外部サイト)

「ピーターラビット展」はグッズも全部欲しくなる!精巧な筆致に圧倒されます。
品川の生ハム食べ放題「バル マルシェ コダマ」、何時に行けば行列回避できるか調査!
様々なTV番組やMVのロケ地・坂戸「聖天宮」はひとりの台湾人の感謝の念で作られた。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TRIP'S【トリップス】の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP