ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PSVRでの『Rez Infinite』はPS4 Proでさらに美しくなる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エンハンス・ゲームズは、PS4向けのソフト『Rez Infinite』がPS4 Proに対応することを正式に発表しました。

ディスプレイに表示してプレイする通常の[TV Mode]では、オリジナルRez(Area1~5)及びArea Xは全て3820×2160の解像度でレンダリングされており、4Kでそのまま出力する「ネイティブ4K」になっています。


“比較画像”左が通常PS4、右がPS4 Proでキャプチャー及びズームインしたもの

PS VRはPS4 Proに完全に対応していますが、PSVRで表示できる解像度は1920×1080まで。[VR Mode]では4K出力やHDRには対応していません。PS4とPS4 Proでは Area Xのレンダリング解像度が異なり、PS4 = 1440×810(片目)に対して、PS4 Proでは1920×1080(片目)と高解像度となっています。

PS4 Proの高度な処理性能により、グラフィックスの品質向上、より高く安定したフレームレート、そして映像表現の向上を通じて、その体験をさらに高めることができます。Area Xの1つ1つのパーティクルの形状、それから構成されるオブジェクト、敵などより綺麗なディテールが見られます。
PS4 Pro対応用のアップデートパッチはなく、DL配信されているゲームに既に組み込まれています。

よりクオリティの高い『Rez Infinite』が楽しめるとあって期待が高まります。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP