ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【和歌山】一面の海を眺めながら癒される。絶景の洞窟露天風呂に行ってきた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

洞窟露天風呂という聞きなれないが、興味深い単語を聞き、いてもたってもいられなくなったので、さっそく大洞窟温泉「忘帰洞」へ行ってみた! 「ホテル浦島」までのアクセスは、まずホテル専用の駐車場に集合。マイクロバスで船乗り場まで移動。送迎船(無料)でホテルへ。有料の駐車場でもよければ、船乗り場の付近に、ご自分の車で行くこともできますよ。


船で温泉に行くという、なかなかできない貴重な体験。これ、なかなか楽しくてテンションもどんどん上がります。船はかわいいカメさんデザイン。5分ほどでホテル浦島に到着しました。


日帰り温泉の受付を済ませ、洞窟露天風呂「忘帰洞」へ。ホテルの中は、床に案内の矢印がついていて、とっても便利。


温泉の入り口からすでにいい雰囲気。中は・・・。



・・・信じられないような最高のロケーション。曇りだったので、写真うつりがいまいちですが、実際はもっともっと素敵でした。こちらは隣の露天風呂。まるで海にいるような感覚です。


目の前に広がる海を眺めながらの洞窟露天風呂。こんな癒しがあったなんて・・・。


見上げれば、ごつごつとした洞窟の岩肌。目の前には広大な海。潮風にふかれながら最高の温泉を楽しみました! 体を洗う場所も、もちろん洞窟の中。


温泉は、他にも複数あります。時間帯によっては、男女の温泉がいれかわったり、宿泊者専用になったりもしますので、ホームページで確認してみて下さいね。

[寄稿者:akaryx]
■あわせて読みたい
【箱根】温泉宿泊券が当たる!Twitterで拡散して当選確率2倍♪
http://tabizine.jp/2016/11/04/105743/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP