ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北欧デンマークの観光スポット16選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

豊かな海や自然に囲まれている北欧デンマークは、特にデザインが素晴らしい国として知られています。首都のコペンハーゲンには、アンデルセンが愛した町ニューハウンはじめ、人魚姫の像、美しいお城の数々など、童話の世界に入り込んだ気分になれそうなスポットがいっぱいです。

ただし、観光するなら5〜10月が絶対にオススメ!それ以外の季節は、寒いのはもちろん、様々な観光スポットがクローズしてしまいます。

 

コペンハーゲン

1.ニューハウン

デンマークの首都コペンハーゲンにある港町ニューハウン。デンマークならではのカラフルな街並みで、飲食店やショップが立ち並ぶ、コペンハーゲンで一番活気のある町です。
■詳細情報
・名称:ニューハウン
・住所:Nyhavn 1-71 , Kobenhavn K, Copenhagen1051
・アクセス:コンゲンス・ニュートー駅から徒歩1分
・営業時間:24時間
・定休日:なし
・電話番号:+45 33 15 15 66
・所要時間:2~3時間
・オススメの時期:5〜8月

2.アマリエンボー宮殿

ニューハウンから300mにある「アマリエンボー宮殿」はデンマーク王室の冬の居城です。ロココ調様式の宮殿で、1760年に建てられました。12時になると、毎日の定例行事として大々的に衛兵交代式が行われます。
■詳細情報
・名称:アマリエンボー宮殿
・住所:Amalienborg Slotsplads 5, 1257 Kobenhavn K
・アクセス:コンゲンス ニュートー広場から徒歩 8分
・営業時間:5~10月 10:00~16:00/ 11~4月 11:00~16:00
・定休日:11~4月の月曜日
・電話番号:+45 33 12 21 86
・料金:95DKK
・所要時間:1時間未満
・オススメの時期:5〜8月
・公式サイトURL:http://www.kongernessamling.dk/amalienborg/

 

3.チボリ公園

ディズニーランドのモデルにもなった、世界最古の遊園地「チボリ公園」。コペンハーゲン中央駅の隣にあり、総面積85000㎡を誇るおとぎの国のような公園で、デンマーク国民の憩いの場として愛されています。
■詳細情報
・名称:チボリ公園
・住所:Vesterbrogade 3, 1630 Koebenhavn
・アクセス:コペンハーゲン中央駅から徒歩 1分
・営業時間:11~23時(金・土曜~24時)サマー・ハロウィン・クリスマスシーズンのみ
・定休日:10月〜3月までは特定日を除いてクローズ。要HP確認
・電話番号:+45 33151001
・料金:100DKK/ 6~8月は110DKK
・所要時間:2時間以上
・オススメの時期:5〜8月
・公式サイトURL:http://www.tivoli.dk/en/

 

4.ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館

HAYさん(@haydesign)が投稿した写真 – 2016 10月 21 6:12午前 PDT

 チボリ公園隣にある「ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館」。歴史的な建物の中で、世界に名だたるビール会社である「カールスバーグ社」の創業者一族のコレクションを見ることができます。
■詳細情報
・名称:ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館
・住所:Dantes Plads 7, Copenhagen V
・アクセス:コペンハーゲン中央駅から徒歩5分
・営業時間:11~18時 (木曜~22時)
・定休日:月曜日
・電話番号:+45 33 41 81 41
・料金:95DKK
・所要時間:1〜2時間
・オススメの時期:5〜8月
・公式サイトURL:http://www.glyptoteket.dk/

 

5.ストロイエ通り

akko.donさん(@akko.don)が投稿した写真 – 2016 8月 28 4:28午前 PDT

世界初の歩行者天国として有名な「ストロイエ通り」。たくさんのショップやカフェが並ぶ、コペンハーゲン市庁舎から、北東に伸びるコンゲンス・ニュートー広場にかけての賑やかなストリートです。
■詳細情報
・名称:ストロイエ通り
・住所:Nygade-Vimmelskaftet-Amagertorv-Oestergade, Copenhagen K
・アクセス:コペンハーゲン中央駅から徒歩5分
・営業時間:24時間
・定休日:なし
・所要時間:1〜2時間
・オススメの時期:5〜8月
・公式サイトURL:http://www.stroget-kobenhavn.dk/

 

6.人魚姫の像

デンマークを代表する作家アンデルセンの代表作「人魚姫」。海沿いに建つその人魚姫のブロンズ像には、コペンハーゲンのシンボルとして多くの観光客が訪れます。
■詳細情報
・名称:人魚姫の像
・住所:Langelinie Alle 17, 2100 Kobenhavn
・アクセス:コペンハーゲン中央駅から徒歩5分
・所要時間:1時間未満
・オススメの時期:5〜8月

7.王立図書館(ブラック・ダイアモンド)

デンマークの建築ユニット、シュミット・ハマー&ラッセンが1999年に設計したデンマーク王立図書館。まるで宝石箱のようなモダンな建物は「ブラック・ダイアモンド」と呼ばれています。
■詳細情報
・名称:王立図書館新館
・住所:Soeren Kierkegaards Plads 1, Copenhagen
・アクセス:コペンハーゲン中央駅から徒歩15分
・営業時間:8~21時
・定休日:日曜日/その他臨時休業あり
・電話番号:+45 33 47 47 47
・料金:無料(特別展は40DKK)
・所要時間:1時間
・オススメの時期:5〜8月
・公式サイトURL:http://www.kb.dk/da/index.html

 

8.ローゼンボー城

コペンハーゲンの中心部にある、小さなお城「ローゼンボー城」。1606年に夏の離宮として建てられました。可愛らしい外観と豪華な内部が素晴らしく、大理石張りの客間や寝室、部屋の数々、そしてデンマーク王室の宝物の中でも王冠は必見です!
■詳細情報
・名称:ローゼンボー城
・住所:Oster Voldgade 4A, Copenhagen 1350
・アクセス:ノアポート駅から徒歩5~6分
・営業時間:10:00~17:00
・定休日:月曜日
・電話番号:
・料金:105DKK
・所要時間:1〜2時間
・オススメの時期:5〜8月
・公式サイトURL:http://www.kongernessamling.dk/rosenborg/

 

9.救世主教会

jenaさん(@jena0815)が投稿した写真 – 2016 9月 5 7:45午前 PDT

 コペンハーゲンでは最も目を引く建物の1つです。らせん状の尖塔を持ち、外観も内館も高い評価のバロック様式の「救世主教会」のてっぺんからは、街全体が一望できます。
■詳細情報
・名称:救世主教会
・住所:Skt. Annae Gade 29, Copenhagen 1416,
・アクセス:メトロ クリスチャンスハウン駅から徒歩5分
・営業時間:11:00 – 16:30 (4月~8月)/11:00 – 15:30 (9月~3月)/12:00~(日曜日)
・定休日:11月~3月までは、塔はクローズ
・電話番号:+45 32 54 68 83
・料金:20DKK
・所要時間:1時間未満
・オススメの時期:5〜8月
・公式サイトURL:http://www.vorfrelserskirke.dk/

10.ラウンドタワー

コペンハーゲンを一望できる場所は他にもあります。それがヨーロッパで最も古い天体観測所だった「ランドタワー」です。17世紀に建てられたこの展望台に上がるには、螺旋階段の坂道を7回転半、ひたすらぐるぐる回って登っていきます。
■詳細情報
・名称:ラウンド タワー(円塔)
・住所:Koebmagergade 52A, 1150 Koebenhavn
・アクセス:ノアポート駅から徒歩3分
・営業時間:5/21~9/20 10:00~20:00   9/21~5/20 10:00~18:00
・定休日:なし
・電話番号:+45 33 73 03 73
・料金:25DKK
・所要時間:1時間未満
・オススメの時期:5〜8月
・公式サイトURL:http://www.rundetaarn.dk/

 

北シェラン島

11.フレデリクスボー城

おとぎの国に出てくるような、デンマークを代表する大変美しい「フレデリクスボー城」。16世紀にクリスチャン4世の居城として建築されました。現在は国立歴史博物館となっています。
■詳細情報
・名称:フレデリクスボー城
・住所:Slotsgade 0, 3400 Hilleroed
・アクセス:ヒレロズ駅から徒歩 15分
・営業時間:4~10月 10:00~17:00/11~3月 11:00~15:00
・定休日:なし
・電話番号:+45 48 26 04 39
・料金:75DKK(コペンハーゲンカードがあれば無料)
・所要時間:1〜2時間
・オススメの時期:5〜8月
・公式サイトURL:http://www.dnm.dk/UK/Forside.htm

 

12.クロンボー城

世界遺産に登録されている「クロンボー城」は、シェラン島のヘルシンガーにある古城です。ハムレットの舞台としても有名です。15世紀初頭フレゼリク2世により城塞に大改築されました。
■詳細情報
・名称:クロンボー城
・住所:Kronborg 2C, 3000 Helsingør
・アクセス:エルシノア駅から徒歩15分
・営業時間:10:00〜17:30
・定休日:月曜日
・電話番号:+45 49 21 30 78
・料金:75DKK
・所要時間:1〜2時間
・オススメの時期:5〜8月
・公式サイトURL:http://www.kronborg.dk/

 

13.ルイジアナ近代美術館

「世界一美しい美術館」とも言われる「ルイジアナ近代美術館」北欧最大級の規模で、芸術愛好者の憩いの場として造られました。3000点以上のアート所蔵、ピカソ、シャガール、ムンクなど、世界中の主要アーティストの作品と出会えます。
■詳細情報
・名称:ルイジアナ近代美術館
・住所:Gl Strandvej 13, Humlebaek 3050
・アクセス:フムレベック駅から徒歩約12分
・営業時間:11~22時(土・日曜・祝日~18時)
・定休日:月曜日
・電話番号:+45 49 19 07 19
・料金:115DKK
・所要時間:3時間以上
・オススメの時期:5〜8月
・公式サイトURL:https://www.louisiana.dk/

 

 14.ロスキレ大聖堂

世界遺産にも登録されている、北ヨーロッパの煉瓦ゴシック様式の典型が「ロスキレ大聖堂」。ヴァイキングの王ハロルドによって、10世紀に木造教会が建てられたのが始まりで、100年の歳月をかけて大聖堂となった教会です。
■詳細情報
・名称:ロスキレ大聖堂
・住所:Domkirkepladsen 3, 4000 Roskilde
・アクセス:ロスキレ駅から徒歩10分
・営業時間:9~17時/10~3月は10~16時/日曜・祝日は 12時30分~
・定休日:10~3月の月曜日
・電話番号: +45 46 35 16 24
・料金:60DKK
・所要時間:1時間未満
・オススメの時期:5〜8月
・公式サイトURL:http://visit.roskildedomkirke.dk/english/

 

フュン島

15.イーエスコウ城

フュン島南部にある「イーエスコウ城」。湖に浮かんでいるように見える、1554年に建てられたルネサンス建築の古城です。博物館や、巨大迷路、庭園もあります。
■詳細情報
・名称:イーエスコウ城
・住所:Egeskov Gade 18, Odense 5772
・アクセス:Egeskov Gade駅より徒歩 13分
・営業時間:季節によって異なるので、HPを確認
・定休日:10月中旬から4月中旬まで
・電話番号:+45 62 27 10 16
・料金:180DKK
・所要時間:2時間以上
・オススメの時期:5月〜8月
・公式サイトURL:http://www.egeskov.dk/en

 

ユトランド半島

16.レゴランド

@yukijo925が投稿した写真 – 2016 10月 26 5:38午前 PDT

 デンマークといえばレゴの国ですよね!ユトランド半島南部のビルンにある、本場のレゴランドを楽しんでみませんか?
■詳細情報
・名称:レゴランド
・住所:Nordmarksvej 9, 7190 Billund
・アクセス:ヴァイレ駅からバス/ビルン空港からシャトルバスかタクシー
・営業時間:10~18時(HPで要確認)
・定休日:HPで確認
・電話番号:+45 75 33 13 33
・料金:349DKK
・所要時間:2時間以上
・オススメの時期:5月〜8月
・公式サイトURL:http://www.legoland.dk

 

いかがでしたか?

可愛い街並が素敵なコペンハーゲンや、素晴らしいデンマークのお城や美術館、遊園地を訪れるのに一番いい季節は、5〜8月です。

冬は極寒ですが、夏は軽装備で周れますよ!GWや夏休みをうまく活用して、北欧のおとぎの国へ出かけてみてくださいね。

 

関連記事リンク(外部サイト)

目移り注意!デンマークのコペンハーゲン観光でおシャレな雑貨を探す
【たった2人から始まった】ヨーロッパ最古のロックフェス「ロスキルド・フェスティバル」
北欧のおとぎの国「デンマーク」の世界遺産全まとめ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。