ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グワシ! 楳図かずおさんが赤白のボーダーを脱いだ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ぜんぜんできる気がしない、グワシ!

グワシ! といえば、漫画『まことちゃん』を描いた楳図かずおさん。日本が世界に誇るホラー漫画の第一人者で、これまで『漂流教室』『まことちゃん』など著名な作品を世に送り出してきました。

楳図さんが赤白のボーダーを脱いだ!

そして、楳図かずおさんといえば、赤と白のボーダーのトップス。「UMEZZ HOUSE」と呼ばれる自宅の壁面も赤と白のボーダーです。

とにかく赤と白のボーダーがトレードマークの楳図さんですが、なんとそのボーダーを脱ぎ捨てしまったというから驚き!

この動画は、11月18日(金)から発売になる「X-girl(エックスガール)」と楳図さんによるコラボレーションのイメージ動画。

デザインをよく見てみると、楳図さんの画風がよく伝わる、陰影の濃い顔が見えてきます。怖いけど、見ていたい! そんな気持ちにさせてくれるデザイン。注目度は高そう。

今回テーマになっているのは、「神や意識とは何か」といったテーマで、熱狂的なファンを獲得したSF長編マンガ『わたしは真悟』がモチーフになっています。

じつは、「エックスガール」と楳図さんによるコラボレーションは、今回で2回目。楳図さんとのコラボとあって、テーマは「ジャパニーズコミック × ストリート」とのこと。

撮影は楳図さんの自宅で

今回の撮影では、楳図かずおさんご本人が参加し、全カットを自宅である「UMEZZ HOUSE」で撮りおろしました。

楳図さん初となるファッション撮影では、代名詞とも言える赤白ボーダーを封印! ストリートなルックに身を包み、クールな表情を見せてくれています。

そしてやっぱり気になるのが、動画の最後に出てくるグワシ! できないってわかっていても、何度も何度もトライしてしまいたくなるから不思議です。

グワシ同様、赤と白のボーダーを脱いだ楳図かずおさんのように、自分がいつも着ない服にもトライしたくなってきます。

X-girl

文/ダーシー

■ あわせて読みたい

カールが手がけるホテルに泊まりたい。第一号店はマカオ
マドンナ熱唱。フリーコンサートでヒラリーを応援
「素っぽい女子」にいいね! が多くつくのはなぜ?
自分の心次第。ダメ彼からの脱出力 #深層心理
ヒラリー、トランプ以外にも注目の女子たち
服って消耗品? アメリカのファッション事情がよくわからない
明日は米大統領選。セレブのインスタが盛り上がってる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP