ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

miwa、坂口健太郎と登場したクリスマス点灯式で映画主題歌「アイオクリ」初披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月7日に、みなとみらいで開催された「クイーンズスクエア横浜クリスマス2016」のクリスマス点灯式に、miwaと坂口健太郎がゲスト登場した。

今回が“人生初”の点灯式イベントということで緊張した様子の2人。ツリー横のエレベーターより今作で一途男子を演じた坂口がmiwaを優しくエスコートして登場すると会場からは黄色い大声援が響き渡る。

イベントの目玉である「Ocean Fantasy Tree」の点灯式では、レコードプレーヤーでレコードの針を落とすとタイムリープができる劇中同様に、miwaと坂口の2人でレコードに針を落とした。

するとこの日が初披露となるmiwaが歌う主題歌「アイオクリ」の1番フルコーラスにあわせて、深海をイメージしたイルミネーションの演出が始まり、会場からはどよめきが。

miwaは「クリスマスツリーと深海のコラボは新鮮でした」と語り、「映画の中で練習していて撮影当時を思い出しました。深海は怖くて暗いイメージだったけど明るい感じで感動しました」とイルミネーションの感想を語った。

本映画は彼女の運命を変えるため100回人生を捧げようとした一途な男子を演じる坂口と、彼の1回の未来を守るため自分の運命を決めた歌姫のmiwaが時をかけめぐる純愛作品。

そんな本作と“クイーンズスクエア横浜”とのクリスマスコラボということでW主演の2人にクリスマスの思い出について質問がおよぶと「クリスライブをやったことがあって“miwaサンタ”としてアリーナを回りながら観客にプレゼントを配った」とmiwa。

一方で、坂口は「恋人たちの季節ですね。ここにもたくさんカップルがいると思いますが僕は家族と過ごすことが多かった。今でもサンタさんがいると思っています」というと会場から「かわいい!」と声援が。

作品での役どころについて今作が映画出演2本目にして坂口とW主演にて初主演を務めたmiwaは「葵海(あおい)という役は後先考えずに直感的に生きている女性」と自身と重ねる部分が多かったそう。

一方の坂口は、「陸(りく)を演じていて楽しかった。現場でカメラが回っていない時もmiwaちゃんが葵海に見えていた。」とここでも坂口の“一途男子”ぶりにmiwaも照れ笑いを浮かべていた。

本作のテーマの1つが「タイムリープ」ということでイベントでは「もしも過去に戻れるなら?」との質問に対してmiwaは「映画の中ではバンドを組んでいるのですが、大学1年生の時にデビューしたので、学生時代に戻ってガールズバンドを組んでみたかったです。」と答えた。

そんなmiwaは撮影中、坂口らキャスト達と実際に一緒にスタジオでバンド練習した後にご飯に行っていたエピソードも披露し、撮影当時を懐かしんでいた。

続く坂口は「タイムリープできる力があったら怖い」と言いつつも、今回がギターの演奏自体が始めてだったそうで、「演奏が楽しかったのでもっと昔からギターをやっていたらなー」と語りつつ、高校生に戻れたら「制服デートがしたい」と本音を漏らしていた。

イベントの最後には、この日集まった観客の中から抽選でサプライズプレゼントのアナウンスがされ、場内からは大歓声が。記念に選ばれた観客と笑顔で写真に納まったmiwaが最後に「『アイオクリ』をみなさんに最速で聞いていただけましたが、映画の中ではフルコーラスで聞けるので合わせて楽しみにしていてください」とコメント。

坂口は「色々な想いがギュっと詰まった作品なので何回も観ていただいて作品を広めていただけたら嬉しいです!」とアピールすると会場は大歓声に包まれ、大いに盛り上がりをみせたイベントは幕を閉じた。

映画情報
映画『君と100回目の恋』
2017年2月4日(土)ロードショー
出演:miwa、坂口健太郎、竜星涼、真野恵里菜、泉澤祐希、太田莉菜、大石吾朗、堀内敬子/田辺誠一
監督:月川翔(『黒崎くんの言いなりになんてならない』)
脚本:大島里美(『ダーリンは外国人』、「1リットルの涙」)
製作:「君と100回目の恋」製作委員会
制作・配給:アスミック・エース
公式サイト:http://kimi100.com/

関連リンク

miwa official websitehttp://www.miwa-web.com/
miwa ファンクラブ yaneura-no-nekohttp://www.tristone.co.jp/yaneura-no-neko/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP