ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

デキない人の伝え方には、“3つの要素”がない

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:k_kushida:20161108103636j:plain

「今日の来場者数は100人でした」だけでは伝わらない?

今日の来場者数は100人でした。

この文章は、事実を示しています。お店に100人のお客さんが来た、という事実です。しかし、この一文では、事実以上の情報を得ることができません。「事実以上の情報」とは、たとえば、「来場者数100人」が多いのか、それとも、少ないのか——というような情報です。

仮に、昨日の来場者数が50人だった場合は、どうでしょうか。「今日は繁盛した」と結論づけることができるかもしれません。一方で、昨日の来場者数が200人だった場合はどうでしょう。「今日は不調だった」と結論づけるのが妥当かもしれません。

そう、100人という来場者数は、それ単体では「多い」とも「少ない」ともいえないのです。比較する対象があって、初めて「多い」や「少ない」という判断を下すことができるのです。つまり、来場者数の良し悪しは「絶対的」に決まるのではなく、「相対的」に決まるものなのです。

① 昨日50人 → 今日100人 → 今日の来場者数は多かった

② 昨日200人→ 今日100人 → 今日の来場者数は少なかった

【①の場合の文章例】

今日の来場者数は100人。昨日(50人)と比べると大繁盛でした。

【②の場合の文章例】

今日の来場者数は100人。昨日(200人)と比べると寂しい入りでした。

ここまで書いて、初めて情報の本質(結論やメッセージ)が伝わるのです。

もっとも、この結論にしても、ひとつの見方にすぎません。ひとたび比較対象が変われば、結論もまた変わります。

たとえば、昨日の来場者数が50人でも、今月の平均来場者数が150人だとしたら、今日の来場者数100名は「大繁盛」とは言い難いのではないでしょうか。

反対に、昨日の来場者数が200人でも、今月の平均来場者数が80人だった場合、来場者数100名を「寂しい入り」と表現するのは、少しニュアンスがずれています。

③ 今月の平均150人 → 今日100人 → 今日の来場者数は今ひとつ

④ 今月の平均80人 → 今日100人 → 今日の来場者数はまあまあ好調

【③の場合の文章例】

今日の来場者数は100人でした。今月の平均来場者数(150人)からすると、少し寂しい入りでした。

【④の場合の文章例】

今日の来場者数は100人でした。今月の平均来場者数(80人)からすると、やや好調でした。

「昨日」の数字と比べるのか、「今月の平均」の数字と比べるのか、比較する対象によって導き出される結論は変化します。もっといえば、「昨年の平均来場者数」が500人だった場合と50人だった場合でも、導き出される結論は大きく変化します。基準が変われば結果も変わる。文章を書くときには、この理屈を押さえておく必要があります。

この理屈は、あらゆる物事や事柄に置き換えることができます。景気の「いい・悪い」、成績の「いい・悪い」、やる気の「ある・なし」、お金の「ある・なし」、速度の「速い・遅い」、品質の「いい・悪い」、価格の「高い・安い」などなど。これらの境界線はどこにあるのでしょうか? そう、境界線などもともと存在しないのです。基準となる比較対象を示すことによって、初めて境界線が浮かび上がるのです。

1.比較対象を示して、初めて伝わる

⑤ 弊社の2016年の業績はよかった。

⑥ 弊社の2016年の業績は、過去最悪を記録した昨年よりはよかった。

比べる対象を示していない⑤よりも、比べる対象(=過去最悪を記録した昨年より)を示した⑥のほうが、分かりやすく親切な文章です。実際には「業績はさほど良くなかった」ということが分かります。⑤の文章からは、どのくらい「よかった」のかが読み取れないため、読む人の誤解を招きかねません。

⑦ 営業の仕事が好きだ。

⑧ 人事の仕事に比べると、営業の仕事のほうが好きだ。

⑦は、読む人に「営業が大好き」と受け取られても仕方ありません。一方、⑧は「営業が大好き」という意味ではなく、「人事の仕事よりはマシ」という程度だということが分かります。もちろん、どこまで細かいニュアンスを伝えるかは、書き手の裁量ひとつです。

2.「条件」を示す方法もある

物事を分かりやすく伝える方法には、比べる対象を示す以外にも、2つ方法があります。そのうちの一つが、「条件を示す」という方法です。

⑨ 回数券がお得です。

⑩ 月1回の利用であれば、年間パスポートよりも、回数券がお得です。

⑨では「お得」の加減がわかりません。比較対象(年間パスポートよりも)を明確にした⑩のほうが読む人に親切な文章といえます。加えて、⑩では、「月1回の利用であれば」と条件も示しています。これによって、「お得」の加減がより明確になりました。

⑪ バンクーバー留学がベストだ。

⑫ 美しい発音の英語を身につけるなら、バンクーバー留学がベストだ。

⑪ではバンクーバー留学のメリットが具体的に見えません。⑫のように「英語を身につけるなら」と条件を示すことによって、「バンクーバー留学」の真のメリットが見えてきます。このように、伝わる文章を書くときには、条件を提示する方法も有効です。

3.「範囲」を示す方法もある

「比較対象を示す」や「条件を示す」以外にも、「範囲を示す」という方法もあります。

⑬ わが社の今年の景気はよかった。

⑭ わが社の今年の景気は、出版業界内ではよかった。

「出版業界内では」という範囲を示した⑭のほうが、⑬よりも、景気の度合いが具体的に伝わります。「出版業界」という限定した範囲での評価だということが理解できます

⑮ 彼の料理の腕前は、まだまだだ。

⑯ 彼の料理の腕前は、三ツ星レストランのシェフとしてはまだまだだ。

⑮と⑯では、読む人が受け取る印象が大きく違います。⑮の彼は「素人レベル」、⑯の彼は「一流以上、達人未満」という感じでしょうか。もし、本当に彼の腕前が「一流以上、達人未満」である場合、⑮のような書き方をすると、読む人に誤解されてしまう恐れがあります。⑯の「三ツ星レストランのシェフとしては」のように具体的に範囲を示すことで、腕前のレベルが明確に伝わります。

⑰ 小林さんのことは評価している。

⑱ 小林さんのことは、プロデューサーとしては評価している。

⑰は、小林さんの人間性を丸ごと評価する文章と受け取れます。一方、⑱の文章は「プロデューサーとしては」という具合に、評価の範囲を限定しています。プロデューサーの資質以外の点は、そもそも評価の対象にしていません。ましてや人間性を丸ごと評価する文章でもありません。

「伝える」ためには、文章に工夫を凝らそう

f:id:k_kushida:20160613103116j:plain

もちろん、「比較対象」や「条件」「範囲」を示さない理由が<相手を煙に巻くため>や<結論をぼやかすため>だというなら、その使い方を否定するつもりはありません。ビジネスシーンに身を置いていれば、交渉事のひとつのテクニックとして、そういう文章を書かなければいけないケースもあるでしょう。

一方で、何かしらの結論やメッセージを伝えたいと思っているにも関わらず、読む人に正確に伝わらないとしたら、それは悲劇以外の何ものでもありません。

言葉が“事実の提示のみ”で伝わると思ったら大間違いです。これまでお伝えしてきた通り、物事の見方は基準によって変化するからです。何かしらの結論やメッセージを伝えたいときに、「比較対象」や「条件」「範囲」を示し損ねると、読む人に伝わらないどころか、良からぬ誤読や誤解を招く恐れもあります。正しく理解してもらえるよう、必要な「比較」「条件」「範囲」を示しましょう。

著者:山口拓朗

『書かずに文章がうまくなるトレーニング』著者。

f:id:k_kushida:20161011202219j:plain

伝える力【話す・書く】研究所主宰。「論理的に伝わる文章の書き方」や「好意と信頼を獲得するメールコミュニケーション」「売れるキャッチコピー作成」等の文章スキルをテーマに執筆・講演活動を行う。文章力アップのコツと実践的な方法を紹介した『書かずに文章がうまくなるトレーニング』(サンマーク出版)のほか、『何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術』(日本実業出版社)『伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則』(明日香出版社)他がある。モットーは「伝わらない悲劇から抜けだそう!」。

山口拓朗公式サイト

http://yamaguchi-takuro.com/

関連記事リンク(外部サイト)

【20分×1日2回】「瞑想」でリラックスし、ストレスを吐き出そう
思考を深めるプロセスがあるからこそ、「伝わる言葉」が生まれる
早口、カミカミ、小声…ビジネスで損しないために「声トレ」やってみよう!

リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。