ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高齢者の1日1万歩や階段昇降は無駄 電車やバスは座るべき

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1986年にはスポーツをする人(15歳以上)の割合は76.3%だったが、25年後(2011年)には61.6%に低下した。しかし、そうした国民的な「運動離れ」の中でも、高齢者層の割合は確実に増加している(60~64歳は3.2%増、65~69歳は7.8%増、70歳以上は1.1%増。総務省「統計からみたスポーツの今昔」より)。

 背景には平均寿命の延びや、趣味(スポーツ)に費やす時間的・金銭的余裕が高齢者層に偏っていることが挙げられるものの、やはり最大の理由は「健康のため、長生きのために運動をしよう」という考え方の広がりにありそうだ。

「統計からみたスポーツの今昔」には、「高齢者がやっているスポーツ」のランキングがある。1位に輝いたのは「ウォーキング・軽い体操(48.2%)」だが、高齢者運動のウォーキングには誤解がある。

 厚労省のHPでは疫学的な調査をもとに、〈「1日1万歩」の歩数を確保することが理想〉と奨励しているように、「多く歩くこと=健康になる」と思われがちだ。しかし、東京都健康長寿医療センター研究所の青柳幸利・老化制御研究チーム副部長は、そうした「歩数信仰」に疑問を呈する。

「運動量が多ければ多いほど効果があると勘違いしている人は多い。むしろ大切なのは運動の質。ウォーキングであれば“中強度”の運動をすることが重要です」

 中強度とは医学用語で「限界と感じる運動の半分程度の酸素消費」を指す。

「中強度を超えると運動による“体の破壊”が大きくなり、中強度を下回ると十分な“体の修復(トレーニング効果)”を期待できません。限界の運動量は人によって違うので、当然、中強度の目安も異なる。

 平均的なウォーキングとしては、“歩きながら何とか会話できる程度”という目安がありますが、運動者によって歩く速さが違うことに留意する必要がある。ただし、私が見る限りでは運動の質を意識している人は少ないように思います。それでは運動しても筋力強化にならず、逆に健康を損ねる結果になりかねません」(同前)

 また、日常生活で「エレベーターを使わずに階段を昇り降りする」という“準運動”を実践している人も少なくない。だが、『ラジオ体操は65歳以上には向かない』の著者で、戸田リウマチ科クリニックの戸田佳孝・医師はこう語る。

「運動量の割に効果がない、無駄な運動の代表格です。当院の患者さんにも“地下鉄では階段を使います”と言う方がいますが、私は“やめなさい”とアドバイスしています。

 段差の昇降で最も負担がかかるのは膝の半月板や靱帯です。筋肉は鍛えることができますが、半月板も靱帯も消耗品なので、負荷をかけても鍛えられない。それなら平地を早歩きしたほうがましです。

 電車やバスでは椅子に座らないという方もいますが、やはり消耗部位である軟骨部分に無用な負担をかけています。バランスを保つ筋力を鍛えるメリットは否定しませんが、デメリットのほうが多い。空いていたらなるべく座るようにしたほうがいいでしょう」

※週刊ポスト2016年11月18日号

【関連記事】
高齢者の運動に「ラジオ体操」が向いていない理由
平井理央と内田恭子 古巣から声かからずスタッフとも疎遠に
B94のIカップ娘・浅倉七瀬 小悪魔ボディの豊乳を大胆披露

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP