ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「日本がアルゼンチンに勝利」 伝説の試合を釜本邦茂氏回顧

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本でサッカーがまだマイナースポーツだった1964年、東京五輪男子サッカーのグループリーグ第1戦で、日本がアルゼンチンに勝利した“事件”は、今もサッカー界で語り継がれる伝説だ。サッカー後進国の日本は、なぜ世紀の番狂わせを起こせたのか? 日本サッカー協会元副会長の釜本邦茂氏が、試合を振り返る。

 * * *
 マスコミは「ベルリンの奇跡(※)以来の快挙」と報じ、ドイツから招聘したクレマーコーチも「君たちは日本のサッカーの歴史を作った」と大喜びした。確かに当時、優勝候補だったアルゼンチンに3対2で逆転勝ちするなんて誰も考えていなかったわけですからね。

【※1936年のベルリンオリンピックサッカー競技1回戦にて、日本代表が優勝候補だったスウェーデン代表に3-2で逆転勝利した試合】

 大会前、ヨーロッパサッカーはクレマーコーチの影響で学習していましたが、アルゼンチンのような個人技に優れた南米サッカーには勝てるはずがないと思っていた。案の定、試合が始まると、ボールの支配力が違った。前半24分、アルゼンチンに先制ゴールを決められ、サッカーをさせてもらえている感じが全くしなかった。とにかくボールをキープできず、パスもつながらない。個人の技術差は歴然でした。

 ところが、後半9分に杉山隆一さんがドリブルシュートで同点ゴールを決める。その8分後にアルゼンチンに2点目を決められますが、私のクロスから川淵三郎さんがヘディングシュートを決め、再び追いつくことができた。

 その時、私の感覚は“追いつくので精一杯”というものでした。残り時間が10分以上あったので、また突き放されるんじゃないかという不安がありましたね。

 ところが、この同点ゴールでアルゼンチンの選手たちが明らかに気落ちしたのです。ピッチ上の私にもよくわかった。「1点で勝てる」と思っていた相手に2点も入れられてショックだったのでしょう。そこをたたみかけて1分後に小城得達さんのゴールで勝ち越し。そこから、試合終了までの7~8分はとても長く感じられました。

 この東京五輪ではラッキーもあり、日本と1次リーグで同組だったイタリアのメンバーにプロ選手がいて、規定違反で棄権。結果、日本は、グループリーグを1勝1敗の2位でベスト8に進出します。

 東京五輪で確かな実績を残した自信が、日本サッカーのメキシコ五輪銅メダル、私自身の同大会得点王につながったと思っています。

※週刊ポスト2016年11月18日号

【関連記事】
南米の選手に澤穂希モテモテ 南米の美的感覚では澤は超美形
元日本代表福西崇史が実体験踏まえ試合の観戦ポイント語る本
佐藤健 映画『せか猫』のアルゼンチンロケを振り返る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP