ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国大統領の友人 素人にもかかわらず日韓外交にも深く関与

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 韓国の朴槿恵大統領を境地に追い込んだ「青瓦台(韓国大統領府)の女帝」といわれる知人への機密情報漏洩スキャンダル。疑惑の中心にいるのは崔順実(チェスンシル)氏(60)とその元夫で、朴氏の秘書室長だった鄭允会(チョンユンフェ)氏(61)。2014年のセウォル号沈没事件の際に朴氏との密会が噂された鄭氏だが、彼と朴氏を近づけたのは崔氏だった。

 夫を友人に差し出してまで権力に執着する崔氏とはどんな女性か。

「朴槿恵より4歳年下の崔順実は、朴を『オンニ(お姉さん)』と呼んで親しくなった。対等ではなく、下から慕うことで信頼と安心感を抱かせることが彼女流の洗脳術だった」(韓国人ジャーナリスト)

 朴氏の大統領就任後、身元確認なしの「顔パス」で青瓦台に出入りする崔氏は声明の草稿から外遊時のファッションまで、あらゆる面で朴氏を操ったとされる。韓国内で崔氏は「秘線実勢」と形容された。韓国政治が専門の新潟県立大学・浅羽祐樹教授が解説する。

「秘線とは“通常のラインではない”という意味で実勢とは“実力者”のこと。つまり、“影の実力者”という意味です。大統領には公式のスタッフがいるのに、何の権限も責任もない民間人が政権をコントロールしていた。民主主義国家ではありえない事態です」

 今回の騒動後、韓国メディアはこぞって、崔氏が朴政権の重要事項を決定する「秘線会議」を自ら開催していたと報じた。

 会議の舞台は崔氏が実質的なオーナーである「ミル財団」だった。この財団のオフィスに青瓦台の第一付属室長が厚さ30センチもの「大統領報告書」を毎回持参した。大統領官邸首席が大統領に報告するオフィシャルな書類である。

 この報告書をもとに毎回2~5人が参加して会議が開かれた。会議にはCM監督のチャ・ウンテク氏の姿が常にあったという。

「彼はK-POPアーティストのミュージックビデオなどを撮影する有名な監督で、“文化界の皇太子”の異名を持つ。崔順実の側近で、彼女のことを『会長』と呼んでいた」(在韓ジャーナリスト)

 もう一人の常連が、“謎のホスト”と言われる40歳のコ・ヨンテ氏だ。

「彼はフェンシングでアジア大会の金メダルを取った元スポーツ選手です。引退後は事業を興してバッグのブランドを設立した。その事業資金を捻出するため、夜の街でホストとして働いたこともある」(同前)

 コ氏を知る韓国人ホストが証言する。

「彼はルックスがよく話が上手で、店のトップとして多くの女性を虜にしていた。ホストとして働いている時、客として来た崔順実と知り合ったと聞いています。崔順実とは年の差があるのにフランクに話す仲で、年長者や客に対する礼儀を重んじる韓国では異例の関係でした。朴槿恵が大統領当選直後にコがつくったブランドのバッグを持ち歩いていたため、朴大統領との近さも話題になったこともあった」

 崔氏は美へのこだわりが強く、青瓦台に美容医師を呼んで「特別なボトックス注射」を朴氏と一緒に受けていたという情報もある。国の重要な進路を決める秘線会議のメンバーの素顔には言葉を失うしかない。韓国政界に詳しいベテランジャーナリストの告発にはさらに驚く。

「秘線会議の議題の9割は政府の主要政策に関連することで、誰を閣僚にするかまで決めていた。朴槿恵が大統領就任直前に安倍首相が送った特使団と会見する前は、竹島に関して『韓国側から先に言及しない。日本が言及すれば笑顔で応じる』、慰安婦問題では、『“正しい認識が両国の発展の基本”と述べるのが望ましい』などという事前シナリオまで、崔順実らがチェックしていた」

 ゴタゴタが続く日韓外交にも素人である崔氏が深く関与していのだ。政策ばかりか、国のシンボルまで彼女の掌中にあったとの話もある。ルポライターの姜誠氏が明かす。

「韓国は今年3月、中央省庁が使用するロゴマークを無窮花(韓国の国花)の文様から太極文様に変更しました。これは崔順実のお告げによる変更と言われています」

※週刊ポスト2016年11月18日号

【関連記事】
産経ソウル前支局長起訴 朴槿恵政権最大タブーに触れたため
朴槿恵大統領と「女帝」と元夫 「青瓦台の三角関係」
朴槿恵氏スキャンダル スクープしたのは「韓国の池上彰」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP