ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旬のきのこでヘルシーに! 管理栄養士 北嶋佳奈の「きのこ麻婆豆腐」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


あのこってりメニューが、きのこで栄養たっぷり&ヘルシーに!

はじめまして! 管理栄養士の北嶋佳奈と申します。

今回から旬の食材を使った、簡単でちょっぴりヘルシーなレシピを紹介したいと思います。少しでもお役に立てれば幸いです~。みなさんこれからどうぞよろしくお願いいたします!

さて、今回ご紹介するのは「きのこ麻婆豆腐」です。今が旬のきのこ。とはいえ1年中きのこは手に入るし、値段も安定しているのでお財布にも優しい、いつでも食べて欲しい一品です。

北嶋佳奈の「きのこ麻婆豆腐」

【材料】(2人分)

もめん豆腐 1丁 豚ひき肉 50g お好みのきのこ類 100g おろしにんにく 小さじ1 おろししょうが 小さじ1 長ネギ 1/2本 豆板醤 小さじ1 A みそ 大さじ1 A 砂糖・酒 小さじ2 A しょうゆ・オイスターソース 小さじ1 A 水 150cc 水溶き片栗粉 適量 ごま油 少々 青ネギ(小口切り) 適量

作り方

1. 豆腐は角切りにし、さっとゆでてザルにあげておく。きのこ類は食べやすく切るかほぐしておく。長ネギはみじん切りにする。Aは混ぜ合わせておく。

2. フライパンを熱し、豚ひき肉を炒める。色が変わってきたらにんにく、しょうが、長ネギと豆板醤を加え炒める。きのこを加えしんなりするまで炒める。

3. Aと豆腐を加えて3分ほど煮て、水溶き片栗粉を少量ずつ加えとろみをつける。皿に盛りごま油を回しかけ、青ネギを散らす。

低カロリーで食物繊維も豊富、さらに免疫機能を助けてくれる。きのこって最高です!

豚ひき肉から油が出るので、テフロン加工のフライパンであれば油はしかなくてOKです! カロリーカット! 最後にごま油を少しだけかけることで風味をプラスします。

きのこはお好みでもっとたっぷり入れてもいいですよ。1種類ではなく、数種類をミックスして作るとうま味の相乗効果によってよりおいしく作れます! 今回はしめじ、エリンギ、まいたけの3種類で作りましたが、しいたけやえのきでもOK。

きのこたちは低カロリーで食物繊維も豊富、さらにβグルカンという栄養素が含まれており、これは免疫機能を助けます。なんと優秀な食材、きのこ! ぜひお試しください~! では、また!!

作った人:北嶋佳奈

管理栄養士、フードコーディネーター。大学卒業後、飲食店勤務やフードコーディネーターアシスタントを経験し、独立。「こころもからだもよろこぶごはん」をテーマに美容・ダイエット・健康に関する料理本の出版、雑誌でのレシピ開発やコラム執筆、ラジオ・テレビ・イベントへの出演などで活動中。 ウェブサイト:HALEAINA(ハレイナ) Facebook:@kanagohan レシピブログ:北嶋佳奈さんのmyレシピブック

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。 ウェブサイト:レシピブログ Instagram:@cookingram.jp Facebook:@comu.recipeblog

関連記事リンク(外部サイト)

【極上レシピ】サバの水煮缶でつくる「スリランカ風サバカレー」がサイコーに美味い【東京カリ~番長】
【おもしろレシピ】「たこ焼き風コロコロ豆腐」という新種のつまみを開発しました【パリッコ】
【モツ煮込み】とろうま「モツ煮込み」は、自宅の炊飯器でカンタンに作れてしまう!【居酒屋さんの味】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP