ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ピンク・フロイド 限定BOX『The Early Years 1965-1972』イベント全世界生中継! アナログ復刻プロジェクト第2弾も始動

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年11月11日にリリースとなる、ピンク・フロイドの27枚組メガ・レア・ボックス・セット『The Early Years 1965-1972』。これを記念して11月9日にロンドンにて開催されるイベントの模様が、ピンク・フロイドの公式YouTubeチャンネルを通じ全世界で生中継される。

ピンク・フロイド『The Early Years 1965-1972』展開写真

 世界中から選ばれたファン50名を迎えるこのイベントでは、ボックス・セットに収録される貴重な音源や映像の一部が世界初公開されることになっており、その後、ピンク・フロイドのニック・メイソン(dr)が登場。ファンとのQ&Aセッションも行う予定となっている。

 なお、今作にはボーナス・ディスクとして「LIVE AT POMPEII [2016 MIX]」が追加収録されることも発表され、ヒプノシスのオーブリー・パウエルが監督を務めた「Green Is Colour」のミュージックビデオも公開となった(http://y2u.be/4XeWngFZaa8)。11月6日には、このボックスからのハイライトを収めたCD2枚組アルバム『The Early Years – CRE/ATION』も発売される。

 さらに「アナログ復刻プロジェクト」の第2弾として、1970年作品『原子心母』、1971年作品『おせっかい』、1972年作品『雲の影』と1994年作品『対(TSUI)』(『対(TSUI)』は音質を重視し今回2枚組LP)が、11月9日にリリースとなる。日本盤は貴重な日本初版LPオリジナル帯を復刻し(『対(TSUI)』はCD初版帯)、ストレンジデイズが監修/制作した詳細な解説が収録された日本独自カラー・パンフレット付きで発売される。

 12月下旬の第3弾は、いよいよ『狂気』『炎~あなたがここにいてほしい』『アニマルズ』『ザ・ウォール』の最強タイトルが登場。以降のカタログも順次、継続的にアナログLPでリリースされることが決定している。

◎BOX『The Early Years 1965-1972』
2016/11/11 RELEASE
ハイライト映像(日本語字幕付):http://bit.ly/2ePYOM1
[輸入盤(27枚組+Bonus CD)]
特典:7インチ・アナログ・シングル5枚、貴重なコレクタブル・グッズ etc.
※ソニー・ミュージックジャパン限定特典:日本語翻訳ライナーノーツ(制作:ストレンジデイズ)
※輸入盤のため販売店により価格変動あり。

◎BOX『The Early Years 1965-1972』リリース記念イベント
英国時間11月9日(水)18:30~(日本時間11月10日(木)3:30~)
生中継:http://bit.ly/2fNH5cV

◎「ピンク・フロイド・アナログ復刻プロジェクト」
特設サイト:http://bit.ly/2fbyz5H
ダイジェスト映像(日本語字幕付): http://bit.ly/2egVjlw

◎「ピンク・フロイド・アナログ復刻プロジェクト」第2弾
2016/11/09 RELEASE
<完全生産限定アナログ盤>
輸入盤国内仕様/日本オリジナル復刻帯付/対訳/ストレンジデイズ監修:日本独自カラー・パンフレット付
◆『原子心母(Atom Heart Mother)』SIJP-16 / 4,000円(tax out.)
◆『おせっかい(Meddle)』SIJP-17 / 4,000円(tax out.)
◆『雲の影(Obscured by Clouds)』SIJP-18 / 4,000円(tax out.)
◆『対(TSUI)(The Division Bell)』SIJP-26~27(2枚組)/ 6,000円(tax out.)

◎アルバム『The Early Years – CRE/ATION』
2016/11/16 RELEASE
[2CD]

関連記事リンク(外部サイト)

ピンク・フロイド 超レアBOX SETから「大人への躍動」最新MV公開!
俳優ベネディクト・カンバーバッチがD・ギルモア公演でピンク・フロイドを歌う
ピンク・フロイドがイギリスで郵便切手に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP