ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドレイクの『ヴューズ』、Spotifyストリーミング再生数が驚異の30億回突破

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ドレイクのアルバム『ヴューズ』はリリースから2週間Apple Musicで独占配信されていたにもかかわらず、そのライバルSpotifyでも絶好調のようだ。Music Allyの集計によると、『ヴューズ』の収録曲は約30億回という驚異的な再生数を突破した。

 『ヴューズ』はApple Music独占で、2016年4月28日にリリースされ、5月13日から他のストリーミング・サービスでも配信されるようになった。Appleでも10億回以上再生されているこのアルバムは、5月21日に米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”No. 1でデビュー、26週連続で“Billboard 200”TOP5を維持した(今週のチャートでNo.7に後退)。

 『ヴューズ』で最も聴かれている曲は言うまでもなく「ワン・ダンス」で9億2,450万回再生されており、Spotify史上最も多く再生されている楽曲だ。2位はアルバムの最終曲「ホットライン・ブリング」で5億5,600万回、そして「トゥー・グッド」の4億2,650万回と続く。逆に一番再生されていない曲は“たった”2,350万回の「サマー・オーヴァー・インタールード」となっている。

 一方YouTubeでは、Apple社が制作費を出資し、Apple Musicで独占公開された「ホットライン・ブリング」のMVが「江南スタイル」、「アップタウン・ファンク」、「ブランク・スペース」、「ハロー」ら30作ほどの10億回以上再生組の仲間入りを果たした。多くの“インターネット・ミーム”も生み出したこのMVは440万回以上“高評価”され、約41万回“低評価”されている。

◎『ヴューズ』ストリーミング再生数
01. 「キープ・ザ・ファミリー・クロース」 3,280万回
02. 「9」 4,410万回
03. 「ユー・ウィズ・ミー?」 3,890万回
04. 「フィール・ノー・ウェイズ」5,180万回
05. 「ハイプ」 6,850万回
06. 「ウェスタン・ロード・フローズ」 3,250万回
07. 「リデンプション」 3,720万回
08. 「ウィズ・ユー」 6,570万回
09. 「フェイスフル」 3,210万回
10. 「スティル・ヒア」 8,020万回
11. 「コントローラ」 2億5,600万回
12. 「ワン・ダンス 9億2,450万回
13. 「グラミーズ」 6,520万回
14. 「チャイルズ・プレイ」 6,860万回
15. 「ポップ・スタイル」 1億6,500万回
16. 「トゥー・グッド」 4億2,650万回
17. 「サマー・オーヴァー・インタールード」 2,350万回
18. 「ファイア&デザイア」 4,450万回
19. 「ヴューズ」 2,970万回
20. 「ホットライン・ブリング」 5億5,600万回

関連記事リンク(外部サイト)

リリースから半年経つドレイクの『ヴューズ』、いまだに全米チャートTOP5死守
ドレイクが早くも12月に新作『More Life』リリース、3曲解禁
ドレイク、足首捻挫が悪化したためツアー残りの全日程を延期

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP