ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

蓮沼執太「亀田さんのアート音楽を聴いてみたい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「BEAT PLANET」のワンコーナー「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」(ナビゲーター:亀田誠治)。11月7日(月)のオンエアでは、“アートを奏でる音楽家たち”をテーマに、蓮沼執太さんをゲストにお招きしてお話を伺いました。

亀田から蓮沼さんに、「“アートを作る”と“音楽を作る”…これは意識的に違いはあるんでしょうか?」と素朴な質問が。

それに対し、「僕の場合はですけど、そもそもアートと音楽を分けてなくて、“音楽の延長としてアートがある”という感じなんです」と答える蓮沼さん。そのため、同じような意識だそうですが、アートはライブではなく“展覧会”で発表されるため、その点の違いは生まれるそうです。

「“展覧会”というふうになるとどうしても、作品を作って設置するとか、空間を使ったインスタレーション(表現手法)も多くて…空間を見て感じて『ああいう作品を作ろう』と想像するので、そういう具体的な違いは当然あるんですけどね」(蓮沼さん)

亀田もよくインスタレーションを観に行くそうですが、「電子音楽が似合う」と感じていたそう。これについて亀田は「電子音楽って、今までに無い楽器や音をイメージして作るじゃないですか。そのプロセスっていうのが、もしかしたらインスタレーションとかアートで物を作り上げて行くこととオーバーラップするのかな」と考えていたそうですが、蓮沼さんもこの考えには同意し、「電子音楽っていうのは、実は手作業で波形をいじっていくんですよね。粘土みたいにいじって作っていくので、人工的なプロセスですが、割とハンドメイド感があるというか。その感じっていうのは、彫刻作品みたいな感じで、美術館のスペースにもすごく合う気がしますね」と、自身の考えを明かしていました。

最後に蓮沼さんに「こうしたフィールドと、ポップミュージックというのは、どれだけ重ねられていくと思う?」と質問をぶつけた亀田。

蓮沼さんは「難しい!」としながらも「現代は割と、いろんな音楽とアートがあっていい気がするんですね。時には一緒にやったり、時には水と油くらい反対方向に行ってるっていうのも、現象としてはすごくおもしろいし。せっかく今生きているならば、それを色々体験したいな、とは思いますね」と答えていました。これを聞き、「その場を与えてくれるというのは、アートと音楽の素敵な関係なのかも」と亀田も感心。

そして蓮沼さんから「亀田さんのそういう(アートへの)アプローチも僕は聴いてみたいなとか思っちゃいます」と亀田へラブコール。「蓮沼さんにそんなふうに言われると、まんざらでも無くなってきましたよ(笑)」と、少なからず意欲を見せる様子の亀田でした。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。

【番組情報】
番組名:「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」
放送日時:月・火・水・木曜 13時25分−13時35分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/blog/fmkameda/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP