ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カールが手がけるホテルに泊まりたい。第一号店はマカオ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モード界を率いるカール・ラガーフェルド。

デザイナーとしてだけでなく写真家としても活躍するなど、多彩なキャリアの持ち主です。

そんな彼が、新たに「カール・ラガーフェルド・ホテルズ・アンド・リゾーツ」を立ち上げ、ホテルチェーンを展開することを発表しました。

ホテルを全面的に手がけるのは今回が初めてですが、じつはこれまでにも高級ホテルのリノベーションデザインにも携わったことがあるんです。

得意なモノクロデザインでシックな空間作り

© KARL.COM 2016

彼が手がけたひとつめのホテルは、モナコの「Metropole」。

ここでは、ホテルの庭園内にあるバー&海水の温水プール「オデッセイ」をデザインし、ラグジュアリーな空間を見事に演出しました。

© KARL.COM 2016

壁紙やインテリアの基調となったのは、カールが得意とする白×黒のバイカラー。どこか未来的な雰囲気が漂っています。

© KARL.COM 2016

プール横にある壁面もモノクロに統一されていて、まるで近代美術を鑑賞しているかのような気分に。

残念ながら、現在オデッセイは2017年2月28日まで一時的に利用できないとのこと。その代わりに、ホテル近くにあるプールが利用できるそうです。

シンプルなのに華やかなロビー

© designboom 2016

続いてカールが手がけたのが、カナダ・トロントにある「Art Shoppe Lofts + Condos」というコンドミニアムのロビーです。

モダンなデザインで、やはり単色のトーンですっきりとまとめられています。

洗練された空間のなかにも、よく見ると壁には多くの本が収納されてあり、実用性も高いデザインです。

© designboom 2016

同じ建物にあるもうひとつのロビーも、スタイリッシュな空間になっています。

一般的な高級ホテルは豪華絢爛な装飾が施されており、ゴールドや大理石が光る空間が多いですが、カールの作るロビーは単調に統一されていて、装飾も少なめ。そのシンプルさが、新鮮でとても魅力的です。

第一号店はマカオ

「カール・ラガーフェルド・ホテルズ・アンド・リゾーツ」は、記念すべきホテル第一号店を、2018年に中国・マカオのグランド・リスボア・パレス内にオープンする予定。

早くも世界中のメディアが大注目しています。

現時点ではどのようなデザインになるかは未公開ですが、美の感覚が研ぎ澄まされたカールなら、想像を超えた空間を作り出すこと間違いなし。

そのうえ、第一号店が日本からアクセスしやすいマカオときたら、もう行くしかありません。

[Metropole, Art Shoppe Lofts + Condos]

写真/gettyimages

■ あわせて読みたい

マドンナ熱唱。フリーコンサートでヒラリーを応援
「素っぽい女子」にいいね! が多くつくのはなぜ?
自分の心次第。ダメ彼からの脱出力 #深層心理
ヒラリー、トランプ以外にも注目の女子たち
服って消耗品? アメリカのファッション事情がよくわからない
明日は米大統領選。セレブのインスタが盛り上がってる
秋コーデには着やせのヒントがたくさんある

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP