ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

写真のようなリアルなアバター技術を開発するObEN、770万ドルの資金調達

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ObENは、DunAnグループの主導によって、中国の投資企業より770万ドルの資金調達を完了しました。ObENでは、1枚の写真と声を元に、AIによる処理で作成した本人そっくりのアバターを、VRやARで利用できるシステムなどを開発。2016年4月より開始したHTCによるスタートアップ支援プログラム「Vive X」からも資金調達をしていました。

https://www.youtube.com/watch?v=NElZCK01PK8

ObENの技術によって作成されるVRアバターは、スマートフォンによる撮影と録音で簡単に作成できるうえ、現在の漫画のように抽象化されたアバターとは異なり、写真のようにリアルなものとなると謳っています。製品化は2017年の1月から3月の予定となっています。

(参考)
ObEN Closes $7.7 Million Series A Funding from Leading Chinese Investors to Accelerate Development of Breakthrough VR / AI Technology (英語)

http://www.businesswire.com/news/home/20161103005433/en/ObEN-Closes-7.7-Million-Series-Funding-Leading

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP