ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『11月8日はなんの日?』米大統領選挙ついに投票日、アデル、ストーンズ、エアロスミスなどトランプ“NGソング”集

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 米国時間11月8日はアメリカ合衆国大統領選挙の投開票日。長きにわたり繰り広げられたヒラリー・クリントンVSドナルド・トランプの熾烈な争いは、直前の世論調査でも双方の支持率は僅差とあり、歴史に残る大統領選となることが予想される。

 音楽メディアでは、これまでトランプが自身の選挙活動に使用した楽曲が次々とアーティスト本人たちから「NO!」を突きつけられるトラブルが何度もニュースとして取りあげられた。ここで改めてそれらの“NGソング”を紹介したい。

 まず最初に大きくニュースとして取り上げられたのはアデル。トランプが「ローリング・イン・ザ・ディープ」や「スカイフォール」を選挙活動のテーマ曲に無断使用したことを受け、アデルはマネジメントを通じて「いかなる政治活動にも自身の楽曲使用を許可しない」と正式に抗議した。

 トランプの楽曲使用にノーを突きつけたのは、今をときめくポップスターだけではない。「スタート・ミー・アップ」や「無情の世界(You Can’t Always Get What You Want)」を使用されたストーンズや「ドリーム・オン」を使用されたエアロスミスのスティーブン・タイラー、「伝説のチャンピオン(We Are The Champions)」を使用されたクイーンのブライアン・メイなどがトランプによる楽曲使用の差し止めに動いた。また使用NGとともに自身の政治的立場を公言したニール・ヤング、SNSを通じて激怒しトランプへの猛烈批判を展開したR.E.M.のマイケル・スタイプなど、ロック史を彩る豪華面々にことごとく拒否されてしまったのだ。

 一方のヒラリー・クリントンは、正式に支持を表明し選挙活動をサポートしているケイティ・ペリーの「ロアー」や、ファレル・ウィリアムスの「ハッピー」などを使用して選挙戦を切り抜けてきた。

◎Adele – Rolling in the Deep
https://www.youtube.com/watch?v=rYEDA3JcQqw

◎The Rolling Stones – Start Me Up
https://www.youtube.com/watch?v=SGyOaCXr8Lw

◎Katy Perry – Roar
https://www.youtube.com/watch?v=CevxZvSJLk8

関連記事リンク(外部サイト)

ブルーノ・マーズがアデルの“スターぶり”を暴露
アデルがライブでヒラリーを推薦、「トランプに投票しないで」と呼びかける
ザ・ローリング・ストーンズ、米ラスベガス公演でニューALから新曲を披露

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP