ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スキマスイッチ、奥田民生プロデュース「全力少年」“全力感満載”のレコーディング映像公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スキマスイッチ、奥田民生プロデュース「全力少年」“全力感満載”のレコーディング映像公開

スキマスイッチが、11月30日に発売する約1年振りのシングル「全力少年produced by 奥田民生」のミュージック・ビデオ(ショートver.)をオフィシャルサイトにて公開した。

同曲はスキマスイッチの代表曲「全力少年」を彼らが敬愛するミュージシャン奥田民生がプロデュース。骨太のギターフレーズが印象的なロックテイスト溢れるナンバーだ。

今作のミュージック・ビデオはレコーディングスタジオにカメラが潜入。プロデューサー奥田民生が、原曲のリアレンジはもとより、自身でギター・ベース・ドラム・パーカッション等、様々な楽器演奏やコーラスをつとめる様子、奥田プロデューサー指揮のもと、歌う大橋やオルガンを弾く常田のパフォーマンスシーンがおさめられている。ときおり、談笑、ときおり、一服、などリラックスした姿も垣間見られ、レコーディング密着ドキュメンタリーさながら、“全力感”あふれる作品に仕上がった。

また、今作は全篇にわたり、大橋が書いた「全力少年」の歌詞が描かれており、プロデューサー奥田民生の大ヒット曲「イージュー★ライダー」(1996年6月21日発売)のオマージュ的な作品であるところも見逃せない。

今作は、デビュー以来、一貫してセルフプロデュースにこだわり楽曲を制作してきたスキマスイッチのふたりが、はじめて自身の制作にプロデューサーをむかえた意欲作。「自分たちの曲が他のアーティストの手でどう変化していくのか、興味があった」と語っており、常に“おもしろいこと“を発信してきたスキマスイッチの新しい試みに期待は高まる。プロデューサー奥田民生も既発曲のリアレンジ・リプロデュースを手掛けるのは、自身のキャリア上初の試みとなり、スキマスイッチと奥田民生による音楽的ケミストリーで新しく生まれかわった「全力少年」を体感しよう。

「全力少年produced by 奥田民生」ミュージック・ビデオ(ショートver.)

関連リンク

スキマスイッチ オフィシャルサイトhttp://www.office-augusta.com/sukimaswitch/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。