ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本シリーズ激闘の6日間 勝敗を分けた指揮官の「信じ方」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 男気・黒田博樹の現役引退表明──。今年の日本シリーズは、このニュースから始まった。黒田が今季限りでユニフォームを脱ぐと発表したのは、シリーズ開幕4日前のこと。このタイミングでの会見となった背景には、同僚・新井貴浩の進言があった。

「カープファンの皆さんに、黒田さんの最後の登板を目に焼き付けてほしかった」。新井は進言の理由をこう語る。だが“広島の象徴”の引退決断は、同時にカープナインに強い結束力をもたらした。黒田さんに男の花道を──。

「チームがギュッと締まった。そういう雰囲気になりましたね」(新井)

 一つにまとまった広島は勢いに乗り、第1、2戦を連勝。赤色で埋め尽くされた地元・マツダスタジアムは熱狂の渦に包まれた。

 シリーズ全体を通して印象に残ったのは、25年ぶりに日本シリーズに臨んだ広島ファンだ。その熱気は凄まじかった。第3~5戦が行なわれた札幌ドームでも、スタンドの4分の1ほどを赤い軍団が占めていた。

「マツダスタジアムのチケットが取れなかった」30代自営業の男性は、仕事を休んで札幌に来たという。ほかにも「(2人の)子供の学校を休ませた」という4人家族もいたし、生後2か月の乳児を抱えたカープ女子ママもいた。

 札幌在住の主婦は、「北広島出身の旦那の影響で、家族揃って広島ファン」だと教えてくれた。北広島市は札幌市の南東に隣接する北海道の街。明治時代に広島県人が集団移住した土地だ。「今までは周囲に(カープファンだと)言い辛かったけれど、今年は堂々と公表できる」と、優勝を喜んでいた。

 すすきのでは、赤いユニフォーム姿が、街を闊歩する様子をたびたび目にした。札幌のタクシー運転手は、「こんなの阪神ファンと広島ファンだけですよ」と苦笑いする。

 第1、2戦にも、札幌から日本ハムファンが駆け付けていたはずだが、そういえば広島の繁華街である八丁堀や流川では、ファイターズのユニフォームはほとんど見かけなかった。シリーズ開幕前、両チームは育成を重視する点でカラーが似ていると評されたが、ファン気質はかなり対照的だった。

 さて、黒田効果と熱烈なファンの後押しで連勝という最高の滑り出しをした広島だが、第3戦でその勢いを自ら手放してしまう。1点リードの8回裏。1死二塁で大谷翔平を打席に迎えたとき、広島ベンチは敬遠を指示。次打者の4番・中田翔と勝負したが、裏目に出て逆転二塁打を浴びてしまう。

 逆転のランナーを自ら塁上に送ったこと。守備固めしなかったこと。広島の失着はいくつかあったが、最大の間違いは第1、2戦でブレーキになっていた相手4番打者を目覚めさせたことだろう。結局、試合は延長戦にもつれ込み、10回裏2死二塁の場面で、今度は大谷と勝負をしてサヨナラ打を浴びた。采配のチグハグさは否めない。

 広島は失った勢いを取り戻せず、日本ハムが10年ぶりの日本一に輝いた。

◆勝敗を分けた指揮官の「信じ方」

 振り返ると6戦とも、どう勝敗が転ぶかわからない白熱した試合だった。巷でも「何年かぶりに見応えのあるシリーズだった」という声をよく聞く。

 ただ野球のレベルという意味では、エラーや凡ミスが目立ち、高水準の内容とは言い難かったのも事実。だがこれは、両チームともベストな状態でなかっただけに仕方ない面もある。

 以前はリーグ優勝から一定期間を置いたタイミングで、「最高の舞台で最高の試合を」という日本シリーズが行なわれていたが、CS制度が導入されてからは、戦いながら頂点を目指すサバイバルの色合いが濃くなっている。

 実際、広島はCSで本来なら4番に座るべきルナが離脱したことが最後まで響いた。日本シリーズでは、松山竜平、新井、エルドレッドが務めたが、4番として3人合わせて僅か1打点しかマークしていない。

 一方の日本ハムは、クローザーのマーティンを欠いていたが、中継ぎ陣が交代で奮闘しカバーした。大谷という切り札を持っていたとはいえ、選手のやりくりは、広島・緒方孝市監督よりも、日本ハム・栗山英樹監督の方が、完全に上手だった。

 第5戦で、シリーズ史上2人目のサヨナラ満塁本塁打を放った西川遥輝について、栗山監督は試合後にこう語っている。西川はその打席まで、20打数2安打と不調に陥っていた。

「状態の良い選手を起用するのが短期決戦での鉄則。でも、遥輝は状態が悪い時でも足を使えるという彼の良さをシーズンで作り上げた。そういう方向性がはっきりしているからこそ、信じて起用できる。試合後に冗談で『代打を出される』と思っていたなんて言っていたけれど、こちらにはそんな気は微塵もない。彼以上に、彼の持っている良さを信じているんだから」

 ただ、栗山監督はやみくもに選手の能力を信じたわけではない。第3戦まで1番で起用していた西川を、第4戦から2番で起用していた。

「2番打者には、バントでランナーを進めたり、(相手投手に)球数を投げさせたり、いろいろな役目がある。調子が悪くても彼がやるべきこと、彼にしかできないことがある。(2番起用は)そういうメッセージ」

 第5戦で日本ハムは、正捕手の大野奨太に代えて市川友也を先発させた。通常、1カード3連戦で行なわれるレギュラーシーズンでは、捕手は1戦目と3戦目で反対のリードをすることがある。ただ、「4連戦、5連戦には慣れていなくて、裏の裏が表になったり、混乱する恐れがある」(栗山監督)。だから1試合だけ、大野を休ませたのだ。西川の2番起用にしろ、捕手の交代にしろ、選手の普段の力を信頼した上での短期決戦向き用兵だった。

 一方、広島の緒方監督は、シーズン中の野球を型通りにやることにこだわってしまった。その最たる例が、第6戦、8回に6失点を喫したセットアッパーのジャクソンの起用法だ。

 緒方監督は試合後、「ピンチでもシーズン中は切り抜けてくれていた」と語った。確かにその通りだ。ジャクソンがいなければ広島のリーグ優勝はなかった。ただその実力を信じるからこそ、体調など、100%の能力を発揮できる舞台を整える配慮が必要だった。

 優勝を決めた後、最後に栗山監督はこう語ってスタジアムを去った。

「野球って、チームって、生き物。どんどん変化していく。指揮官として、そこを間違わないようにしないといけない。この日本シリーズでは、そのことを最後まで学んだ」

 選手を“信頼”し実力を引き出せた栗山監督と、選手の過去の実績を“信用”し切ってしまった緒方監督。選手の信じ方の違いが勝敗を分けた。

●文/田中周治(スポーツジャーナリスト) ●撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2016年11月18日号

【関連記事】
CS出場狙う広島・野村監督 3位争い正念場で勝っても笑顔なし
広島市民溺愛のカープうどん 2年前から「全部のせ」が登場
広島・野村監督 横浜ファンへの一言求められキョトンとする

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP