ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第13回アメリカのスーパーで見つけた果物特集」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカ在住、TABIZINEライターのYoko Nixonです。海外現地の最新スーパー事情をお届けする新コラム「世界のスーパーマーケットをめぐる旅」。商品のラインナップや日本とは少し異なるスーパーの利用方法まで、海外旅行の際に知っておくと便利な情報をリレー形式でお届けします!

春先にはイチゴ、夏にはスイカ、秋には柿、冬にはみかんなど、日本ではスーパーに行けばその季節を彩る果物を見つけることができます。


一方アメリカのスーパーでは、季節を問わず買えるフルーツがあるのです。

食べたい時にはいつでもどうぞ!アメリカの人気フルーツ

季節を問わず見つけられるフルーツの代表格はまずイチゴ。朝食やスナックとして食べたり、スムージーにしたり、手軽に食べられるイチゴはアメリカでも人気のフルーツです。イチゴだけではなく、ラズベリーやブルーベリー、ブラックベリーなどのベリー系果物も、安価な値段で比較的年中見かけることができます。気になるお味の方はというと、日本で旬の盛りに食べるものよりも全体的に甘みが少なく、人によっては砂糖をかけて食べるということもあります。


(C)Yoko Nixon

もう一つ人気のフルーツはリンゴ。アメリカのスーパーでは赤系、緑系、黄色系様々な種類のリンゴが購入できます。日本で売られているリンゴよりも小ぶりで、通常皮は剥かず、そのまま丸かじりをすることが多いです。バラ売りでも袋売りでも購入可能で、袋売りの場合は10個以上入っていることもあります。


(C)Yoko Nixon

■あわせて読みたい

【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅
第0回イギリス編
第1回フランス編
第2回オランダ編
第3回ドイツ編
第4回イタリア編

驚きの値段!あの高級フルーツがお買い得!

日本では比較的高価とされている果物も、アメリカでは驚きの値段で売られていることがあります。

高価な果物代表として、日本人がまず思いつくのはメロンではないでしょうか。 アメリカではひとえにメロンといえど幾つかの異なる種類があり、どれも3ドルもせずに売られていることがあります。日本で高級果実として育てられたものに比べると少し傷がついていたり、果肉もやや硬めでやや水っぽいですが、味はしっかりメロンです。


(C)Yoko Nixon

そして夏の風物詩スイカ。スイカはアメリカでも夏場に大きく売られることが多いですが、アメリカのスイカは日本のものと比べて楕円のものが主流です。大きさこそ日本のものと相違はないかやや大きめですが、そのお値段はとてもお手頃で、5ドル程度で手に入れることができます。


(C)Yoko Nixon

さらにマンゴー。アメリカはマンゴー生産国のメキシコが近いということもあり、日本ではなかなか見かけない大きいマンゴーを安価で購入することが可能です。季節による違いはあれど、安い時には一つ1ドル以下で買える場合もあります。


(C)Yoko Nixon

アメリカ滞在中外食に疲れてしまった時、ちょっと小腹が空いた時、日本ではなかなか食べられないフルーツをたらふく食べたい時には、ぜひ現地のスーパーに足を運んでアメリカンフルーツを楽しんでみてはいかがでしょうか。

[Photo by shutterstock.com]

■あわせて読みたい

アメリカンフレーバーのお寿司も!楽しいスーパーマーケット「Ralphs」
【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第6回アメリカ編」

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP