ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エコって言うか、もう、ワイルド

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

プロの芸人たちがよりすぐりの傑作エピソードを披露! クスッと笑える「すべりにくい話」をお楽しみください。

エコって言うか、もう、ワイルド

ふとっちょ☆カウボーイです。

 

ずーっと昔、小学校の時の話です。

今と違って、クラスに極端に貧乏な子もいれば、極端に金持ちの子もいる。

貧富の差がクラスの中でも一目瞭然な時代だったんです。

誰もが、おうちに住んでいるとは限らない、貧乏な子はそのくらい貧乏。

 

アサジ君って子がいたんです。

 

今でいえばエコですよ。 家族ぐるみでエコ。 地球に優しい。

まず、買い物をしない。

お金を使わない。

周りに食べるものいっぱいあるじゃないか」って、言って、お父さんも、休みになると、 鳥とか撃って食べたり、 虫とか食べたり。 お弁当にごはんと蜂の子詰めてきたり………

貧乏通り越してエコ、エコって言うか、もうワイルドなんです。

 

そんなアサジ君がクラスメイトだったんですけど、 ある時、川へ行く遠足があったんです。

遠足って特別感があるじゃないですか?

 

それで、アサジ君の家ってどんなだろう?って思って、気になって見てたんですよ。

 

バス乗り込んで、みんなスナック菓子とか食べてると、 アサジ君ビニール袋からドングリ出して 「これ、うめえんだ」 とか、食べてる。

 

で、いよいよお弁当の時間になった。

 

アサジ君、リュックから網出して、魚二匹ぐらいとって焼いて食べてました。

限られたお昼ごはんの時間に川で魚釣ってお弁当代わりに………

 

貧乏通り越して、幼心にメッチャクチャ尊敬しました。

ワイルドワイルドな時代でしたね。

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP