ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「1日で1番生産性が高いのは何時?」かわかるアプリで、業務効率UPを目指そう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Moo-Q「1日の中で、自分の生産性が一番高いのはいつなんだろう?」そんな疑問に答えてくれるiOSアプリが「Moo-Q」。

イギリスの心理学者のチームHungry Mind Labが開発したもので、1日のうち何時にもっとも生産性が高くなり、その人の気分がどれくらい、振る舞いやワークフローに影響を与えるのかわかるという。

・現状の気分をスライダーで調節

まず、“Awake(覚醒)”“Distressed(苦しみ)”“Happy(幸福)”“Nervous(神経質)”などのパラメーター項目があり、自分の現状の感情がどれほどポジティブ、あるいはネガティブなのか、それぞれスライダーバーを調節して決定。

これをベースにして、次にスピードと記憶のテストを受けることになる。初見で解くには簡単ではないレベルのものだ。

・テストは初めは簡単だが徐々に難しく

テストは最初は基本的な算数問題、記憶問題など単純な問題で始まる。が、次第により複雑な方程式や数列などの問題、記憶問題になっていき、完答するには時間も足りなくなってくる。

Moo-Q2これらの一連のフローを5回おこなうと、アプリがパーソナルチャートを作成し、特定の時間や日における、あなたの気分と脳力の相互関係性を総合的に判断し、結果を提示する。

・データは大学との共同研究へ活用

算出したデータは、ユーザーの同意を得た後、“Goldsmiths University in London”とともに取り組んでいる“認知型行動”共同研究のデータとして活用されるという。

しばしば、良い睡眠を取った後には生産性が上がるというが、“自身の気分”がそこにどれくらい影響するのか、なかなか目に見えた形で体感することは少ない。アプリを通じて、自分自身の気分と、1日のリズムを鑑みながら、1番生産性が上がる時間にフォーカスして仕事や物事に取り組むことで、効率アップができるようになるかもしれない。

コーヒーに頼るよりずっとマシかも?

Moo-Q

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。