ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Android Auto」アプリがついにスマートフォン単体での利用に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 11 月 7 日、今年の Google I/O で発表した「Android Auto」のスマートフォン単体利用への対応を本日より開始しました。Android Auto は、運転中にスマートフォンを操作する場合に専用の UI に切り替え、音声コマンドや読み上げを提供することで、安全で使いやすいスマートフォン利用を実現したシステムです。これまでは Android Auto に対応した車載ディスプレイに接続する必要がありましたが、アプリのアップデートによって、スマートフォン単体でも Android Auto を利用できるようになりました。アプリを最新の「2.0.64230」にアップデートすると、車載ディスプレイに接続しない場合には、スマートフォン上で「運転モード」が有効になり、画像のようなナビ風の画面に切り替わります。このままスマートフォンを車のホルダー等に取り付ければ、簡易的な Android Auto を利用することができます。UI レイアウトが通常の Android Auto とは少し異なるようですが、運転中でも操作しやすくなります。スマートフォン単体での Android Auto 利用は Android 5.x 以上の端末で利用できます。運転モードを終了する場合は通知パネルの(終了」ボタンをタップします。「Android Auto」(Google Play)

■関連記事
Google、2016年11月のセキュリティパッチの詳細とNexus用ファクトリーイメージを公開
Android版「Googleマップ」に来訪者の平均滞在時間を表示する機能が追加
一部のAndroidユーザーでGoogle Nowパネルに検索ショートカットのボタンが表示される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP