ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビデオテープをPCなしでDVDにダビングする方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

家族の記録、懐かしのテレビ番組などを収録したVHSビデオテープ。VHSビデオデッキの生産を続けていた船井電機が2016年7月末についに終了し、ビデオテープのデジタル化は待ったなしといった状況です。そこで、PCなしでビデオテープをDVDにダビングできる「MEDRECD8」を紹介しましょう。

ビデオテープの映像を永久保存

ビデオテープのダビングに活用したいデジタル化機材が「MEDRECD8」。この製品は、VHSビデオデッキとコンポジットケーブルで接続してデジタル化できる専用ツール。その最大の魅力は、DVDに直接データを焼けることです。

「MEDRECD8」のディスプレイサイズは2.8インチカラーLCD、保存形式はMPEG2/MP4、対応DVD形式はDVD+R/DVD+RW/DVD-R/DVD-RWとなっています。サイズは150W×40H×150Dmmで重さは409g。実勢価格は24,800円です。

機器自体に液晶ディスプレイが搭載されているので、PCやテレビを必要としないのもポイント。SDカードやUSBメモリにもデータ保存が可能です。これで思い出の詰まったビデオテープの映像を、手間なく永久保存できます。

ビデオテープをDVDにする手順

実際に、PCなしでビデオテープをDVDにダビングする手順を見てみましょう。VHSデッキの出力端子、「MEDRECD8」の入力端子にそれぞれコンポジットケーブルを挿し込だけで準備はOKです。

「MEDRECD8」を起動したら、メニュー画面の最下部にある「設定」を選択。ここで保存形式、チャプター、画質などを決めるのです。DVD化には、BDプレーヤーなどで再生する「ビデオ」モード(DVD-Video形式)と、PCで視聴する用の「データ」モード(MP4・MPEG形式)があります。

焼き付けタイプをビデオにすればDVD-Video形式でオーサリング。DVDプレーヤーで見られます。DVDをセットしたら希望するメディア保存を選択。今回はビデオテープからDVDに保存するので、「外部ストレージ→DVD」を選択しました。

ビデオテープを再生すると、MEDRECD8の液晶ディスプレイに映像が出力されるので録画ボタンをプッシュ。これでDVDに映像が保存されます。(文/まりえん)

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
ココスのクーポンでドリンクバーを無料にする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。