ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】映画『ワンダーウーマン』、ガル・ガドットがワンダーウーマンを演じるセカンド・トレーラーが公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

待望の映画『ワンダーウーマン』のセカンド・トレーラーが米ワーナー・ブラザースにより11月3日(現地時間)に公開され、ガル・ガドットがワンダーウーマンを演じている。

トレーラーは、ガドットによる「私はかつて世界を救いたいと思っていた  ―この美しい場所を」というボイスオーバーと共に始まり、ガドットは崖から水中にダイブする。そして、「しかし近づくにつれて、さらにそこにある大いなる闇が見える」と、語る。

ガドットの態度は、戦争を止めるためにやって来たと話すクリス・パイン演じるキャラクターの登場によって明確に変化する。どの戦争だろうか?当然のごとく、「すべての戦争を終わらせる戦争」である。

アクション満載のトレーラーでは、アマゾンのプリンセスであるワンダーウーマンが金属の両手のブレスレットで弾丸を弾き、楯で窓をぶち破り、スローモーションで飛び蹴りする姿が映し出される。

『ワンダーウーマン』は、アラン・ハインバーグとジェフ・ジョンズが執筆した脚本をもとに、パティ・ジェンキンスが監督を務める。ハインバーグとザック・スナイダーは、ストーリー担当としてクレジットされている。ガドットとパインに加えて、コニー・ニールセン、ロビン・ライト、ルーシー・デイヴィス、ダニー・ヒューストンも出演する。

10月にガドットは、本紙ヴァラエティに、DCコミックスのキャラクターであるワンダーウーマンの75周年記念について語り、DCコミックスにより生み出された作品群において問題となっているワンダーウーマンのセクシュアリティについて議論した。ガドットは、「ワンダーウーマンは人々のありのままを愛する女性です」 「バイセクシャルにも成り得る。ワンダーウーマンは人々の心を愛するのです」と、語った。

同作のファースト・トレーラーは、7月にコミコン(Comic-Con)で公開された。ガドットがワンダーウーマンを演じる姿は、映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で初公開された。単独映画に加えて、ガドットは、映画『Justice League(原題)』シリーズにも出演することが決まっている。

『ワンダーウーマン』は、2017年6月2日に米劇場公開となる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP