体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カーテン? それともブラインド? 窓まわりのアイテムの選び方とは

カーテン? それともブラインド? 窓まわりのアイテムの選び方とは

窓まわりにつけるカーテンやブラインドなどのアイテム。その種類は幅広くデザインもバラエティに富んでいることから、どうやって選んでいいか分からないという人も多いのではないでしょうか。最終的には、気に入ったものを選ぶにしても、それぞれのメリット・デメリットは知っておきたいところ。そこで、カーテンやブラインドなど窓まわりのアイテム専門店「ファンテックス」の藤原佳紀さんに、違いを教えてもらいました。

カーテン、ブラインド、ロールスクリーン、シェード…、それぞれのメリット・デメリットは?

今回は、よくインテリアショップでも目にするカーテン、ブラインド、ロールスクリーン、シェードについて、比較をまじえつつ見ていきましょう。ちなみに、こういった窓まわりの装飾品は、「ウィンドウトリートメント」と呼ぶそうです。

■カーテン

◯メリット

「最も評価できるのは『扱いが簡単なこと』です。現在、国産メーカーのカーテンの9割は家庭で洗えるものなので、手軽に洗濯することができます。レールから外すだけなので着脱も簡単ですし、変えたくなったら商品を買いかえればいいだけ。価格も比較的リーズナブルです。すべての窓まわりのアイテムのなかで、低価格のカーテンレールとレース、ドレープ(厚手のカーテン)の組み合わせが、もっともコストを抑えられるプランの一つになります。また、カラー、デザインはもちろん、縫製スタイルやアレンジを含めるとアイテム数は無限にあるなかから選べるので、ブラインドとは異なる魅力です」(藤原さん、以下同)

◯デメリット

「カーテンは横に開くため両サイドにカーテンがたまり、モサッとしてしまい、その分窓が狭く感じられてしまいます。間取りにもよるのですが、寝室や子ども部屋など比較的狭い空間では、ベッドやデスクなどが窓の前に配置され、カーテンの開け閉めがしにくかったり邪魔に感じたりといったことがあるかもしれません」【画像1】一番スタンダードなものがカーテン。レースとドレープのダブル使いがメジャー(画像提供/リリカラ)

【画像1】一番スタンダードなものがカーテン。レースとドレープのダブル使いがメジャー(画像提供/リリカラ)

■ブラインド

◯メリット

「ブラインドは、一台でドレープとレースの二役ができます。つまり、光と視線を同時に調整できる点で、他のアイテムより優れているといえるでしょう。デザインもおしゃれなものがそろっています。カーテンのようにモサッとしないので、窓まわりがスッキリとします。また、ひもやチェーンの上げ下げで操作ができるので機能的です。ちなみに、ブラインドを厚手のカーテンのように窓側に使用して、レースカーテンを部屋側の手前に掛けるスタイルもはやっています」

◯デメリット

「掃除が若干面倒かもしれません。水平に羽根が連なっているので、すぐにホコリがたまってしまいます。また、羽根の途中にはひもがついているので、一気にスーっと掃除できず、少し工夫が必要です」【画像2】スタイリッシュな印象のアルミ製のものから、木製の温かみがあるものまで、さまざまなデザインのブランドが増えている(画像提供/タチカワブラインド) 【画像2】スタイリッシュな印象のアルミ製のものから、木製の温かみがあるものまで、さまざまなデザインのブランドが増えている(画像提供/タチカワブラインド)【画像3】異なる素材のウィンドウトリートメントを組み合わせることで、部屋の表情も変わってみえる(画像提供/トーソー)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。