ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年星稜vs小松大谷 9回8点差大逆転を生んだ一塁フライ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高校野球が人気を集めるのは、時に信じられないドラマが起こるからだ。2014年7月27日、全国高校野球選手権大会の石川大会決勝「星稜高校vs小松大谷高校」で起きた奇跡について、星稜高校野球部監督の林和成氏が振り返る。

 * * *
 実はあの試合、早い回から諦めの気持ちが強かったんです。序盤の失点は監督の私のサインが原因でもあり、試合中なのに後悔の念ばかり。小松大谷のエース・山下(亜文)君の出来もよく、打つ手がなかった。0-6の局面では円陣を組んで「5回までに2点返すぞ」とカツを入れたものの、逆に4回と5回に1点ずつ失って8点差。“今年は(甲子園に)縁がなかったな”と思っていましたね。

 雰囲気が変わったのは、9回表に再登板させたエース・岩下(大輝)が3者三振に切ってから。負けても悔いが残らないようにとチームの中心である岩下に任せた結果、その裏の攻撃につながった。

 9回裏はまずレギュラーを外れていた主将が代打で四球、続けて代打に送った3年生がタイムリー三塁打。“苦労人”の2人で1点を取り、空気がまた少し変わる。

 タイムリーが続き、5番の佐竹(海音)は三振振り逃げ。この試合、小松大谷の唯一の守りのミスでした。さらにタイムリー、そして2ランホームランが出て6-8です。球場のボルテージが一気に上がったのがわかりましたね。

 引っくり返せる──そんなムードの中、8番が「待て」のサインを無視してファーストフライです。正直、怒鳴ってやろうと思いましたよ。でも、ベンチで選手たちは笑顔で迎え入れている。それを見た瞬間、最後まで彼らに任せようと決めた。その後の1死一、三塁の場面も、スクイズのサインを出すのをやめました。結果、連打でひっくり返してしまった。

「こいつら凄いな」と思ったのは、2アウトになってからも、自分たちを信じて初球から打っていったことです。私は逆転を信じながらも、同点になった時点で延長に備えて部長と守備の相談をしていた。だから実はサヨナラの一打を見ていない(苦笑)。

 培ってきた技術と精神力が、あの1イニングに凝縮されていた。あの試合は奇跡ではなく、選手たちの実力だったと思っています。

※週刊ポスト2016年11月18日号

【関連記事】
上重聡アナ含め松坂大輔と戦った高校球児の10年後を追った書
小松菜生産量年間約4万トンで日本一の東京23区のある区とは
阪神真弓監督の放任采配 原点は高校時代のまさかの1回戦負け

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP