ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

理想の姑アンケート 1位森光子、2位八千草薫、3位野際陽子

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 不動産情報サービス会社『アットホーム』が今年の夏に調査した「“嫁姑”と“住まい”の関係」が話題になっている。

 このアンケートは、25~49才の既婚女性620人を対象に「嫁姑」に関するさまざまなアンケートを取ったもの。

「理想の姑」の結果は、1位森光子(享年92)、2位八千草薫(85才)、3位野際陽子(80才)。この結果に対し、既婚女性の反応はさまざまだ。

「森光子さんは生前、ヒガシ(東山紀之・50才)と恋人関係が噂されるくらい仲がよかったけど、ヒガシが木村佳乃(40才)と結婚した時は“私は見守るだけです”と一歩引いた対応をしていた。いつも自己主張の強い姑に辟易してるから、この結果はすごくわかる」(45才主婦)

「八千草さんは知的で優しそうな、私にとって理想の姑。嫁に嫌みとか小言なんて絶対に言わなさそうで、一緒に暮らしてもいがみ合う姿が想像できない」(35才主婦)

 3位の野際については「意地悪なイメージ」「『ずっとあなたが好きだった』(TBS系)の“冬彦さん”の母親役が強烈すぎて…」という声がある一方、こんな声も。

「良家の生まれで元NHKの女子アナだし、厳しい女性って印象だけど、嫁として学べるところも多そうだし、いろんな場でフォローしてくれそう。もちろん“別居前提”だけど」(38才主婦)

 その他、「姑とうまく同居できなそうな女性」のアンケート結果は、1位黒木瞳(56才)、2位松嶋菜々子(43才)、ベッキー(32才)。「嫁姑の仲をうまく取り持ってくれそうな男性」の結果は、1位船越英一郎(56才)、木村拓哉(43才)、石田純一(62才)となっている。

 永遠のテーマである嫁姑問題。その意識の変化について、夫婦問題研究家の岡野あつこさんはこう話す。

「この調査では『自分が姑になった場合に子供夫婦と同居したいか』も聞いていて、『いいえ』が76.3%もいました。嫁も姑もお互いに“もっと自分を大切にしよう”“無理することはないんだ”と思うようになってきたのではないでしょうか」

 必要以上に近づいてはいけないということか。

※女性セブン2016年11月17日号

【関連記事】
宝くじ高額当選者 最も多いのは60才以上、女性の割合が増加
貯金額アンケート 貯金ない11.6%、1500万円以上15.8%
ナンバーズやロト より高い金額狙うなら「0」や「2」を選ぶ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP