ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

またまた行列必至!? 伊勢丹 × ミナ ペルホネン × マルニ木工のコラボ第3弾「Barabara Lovers.」始まる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年11月9日(水)から15日(火)までの1週間、東京・新宿の伊勢丹新宿店にて、「Barabara Lovers. MARUNI COLLECTION with minä perhonen」が開催されます。

過去2回、伊勢丹新宿店の特別企画として展開され大きな話題になった「ふしとカケラ」の第3弾。マルニ木工とminä perhonen(ミナ ペルホネン)によるスペシャルなコラボレーションが、より内容を充実させて再登場します。

第1回、第2回と、発売時に行列ができるほどの人気となった「HIROSHIMAアームチェア」の特別モデルが今回も登場。特別モデルは、世界的な定番チェアとしての評価を固めつつあるマルニ木工の「HIROSHIMAアームチェア」のうち、それまではほとんど使われてこなかったふしのある個体をあえて選定し、そこにminä perhonenのファブリックの端切れをパッチワークした限定仕様品。第1弾、第2弾とパターンの異なる新デザインのパッチワークをまとって登場します。

また今回は、HIROSHIMAアームチェア本体のカラーリングにも特別バージョンが登場。minä perhonenデザイナー・皆川 明氏がカラーセレクトしたブルー、ライトグリーン、モスグリーン、グレー、ブラウンの5色が初登場します。

また、これまではHIROSHIMAアームチェアのみでしたが、新たに「Roundish ソファ」のパッチワークモデルも登場。こちらはデンマークのテキスタイルメーカー・Kvadrat(クヴァドラ)社のために皆川 明氏が手掛けた新作テキスタイル「Akira Minagawa for Kvadrat」コレクションがパッチワークされています。

HIROSHIMAアームチェアの座面を模し、同じパッチワークが施されたバッグも発売。こちらもまた、毎回あっという間に完売する人気商品です。さらに今回はRoundishに合わせた新パターンも登場します。

どっちを向いても特別モデルばかりで目移りしそうな「ふしとカケラ」第3弾の「Barabara Lovers.」。どれも暮らしに溶け込み永く使えるものです。愛着がわくあなただけの1つを見つけにお出かけください。

毎回人気のHIROSHIMAアームチェア パッチワークモデルの第3弾。本展のタイトル「Barabara Lovers.」に因み、今回のパッチワークはバラの花びらがモチーフです。

「ふしとカケラ」オーク

「ふしとカケラ」ウォルナット

初登場となる「ふしとカケラ カラーバージョン」。こちらは「ブルー」モデル。

Roundish ソファ パッチワークシリーズ

タイトル「Barabara Lovers.」(バラバララバーズと読む)には「様々な異なる要素が集まることで愛着を生む存在になること」という意味が込められています。

Barabara Lovers. MARUNI COLLECTION with minä perhonen

会期:2016年11月9日(水)~15日(火) 10:30~20:00

会場:伊勢丹新宿店 本館1階=ザ・ステージ

▽アイテム

<ふしとカケラ>HIROSHIMAアームチェア

素材:オーク、ウォルナット(ふしあり)

バッチワーク:オーク2パターン、ウォルナット2パターン

限定数:オーク各35脚、ウォルナット各15脚/計100脚限定

<ふしとカケラ>HIROSHIMAアームチェア カラーバージョン

カラー:ブルー、ライトグリーン、モスグリーン、グレー、ブラウン

素材:ビーチ(ふしあり)

バッチワーク:4パターン

限定数:各色10脚/計50脚限定・受注生産

「Roundish ソファ パッチワークシリーズ」

素材:ビーチ

パッチワーク:「Akira Minagawa for Kvadrat」コレクション

受注生産:シングルシートソファ、ツーシーターソファ、スリーシーターソファ、オットマン

「Kakera Bag」

HIROSHIMA・Roundish それぞれ2パターン

※数量限定

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

サルバドール・ダリのインテリアコレクションを蔵出し! 世界的にも貴重な作品を期間限定展示中
秋空の下の掘り出し物探しのススメ「第8回 代官山 蚤の市」「第12回 湘南 蚤の市」開催
地元アイテムが山陽新幹線車内で買える「走る日本市」、第2弾は京都・奈良編

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP