ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【現地取材】穴あきエメンタールチーズが本当に本当に本当に本当に心から美味しい件!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

そのまま食べるもよし、料理のトッピングにも欠かせない食材“チーズ”。古代ローマ時代からチーズを製造するスイスでは、年間なんと13万トンのチーズが食べられているそう。 “穴あき”模様の「エメンタールチーズ」は、そんな酪農大国で生まれました。

・スイスチーズの代表格をもとめて
アメリカの『トムとジェリー』の挿絵をはじめ、多くの漫画や絵本などでもおなじみの“穴あきチーズ”の名前は、エメンタールチーズ。15世紀スイスのベルン北東部にあるエメンタール地方で生まれました。

ハードタイプのエメンタールチーズは、スイス定番「チーズフォンデュ」にも用いられており、国内のチーズの年間製造量の半数はエメンタールチーズが占めています。もともとエメンタールチーズは約100㎏もの円盤形ですが、なんと牛乳は1000ℓ使用するのだそう。酪農大国スイスの名産品です。

・“チーズの王様”が生まれるまで
エメンタール地方にあるチーズ製造工場「Emmentaler Schaukaeserei」ではエメンタールチーズを作る様子を見学できます。チーズをぐつぐつと煮詰めて、引き上げるところまで見ていると、その大きさにびっくり! スイス国内のスーパーやホテルのビュッフェ等で見られるのは、小さくカットされた姿とは、まるで別物のようです。

工場にはレストランとショップも併設しています。できたてのチーズで作る特製料理を堪能したあとは、お土産も物色しましょう。

・意外と貴重? エメンタールチーズのお味は
そのたたずまいは知っていても、意外と日本では食べる機会のないエメンタールチーズ。スイスでは圧倒的にチーズフォンデュに使われますが、他のヨーロッパの国々ではグラタンやキッシュにも用いられています。

チーズ自体はとってもマイルド。クセがなく塩分も控えめなので食べやすく、本場のチーズにあまりなじみのない日本人でも抵抗なく楽しめそうです。豊かな自然が育むエメンタールチーズ、ぜひ現地へ訪れたら味わってみてくださいね。

もっと詳しく読む: 穴あきエメンタールチーズが本当に本当に本当に本当に心から美味しい件(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/11/07/emmentalcheese/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP