体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

余計なルールは要らない。木村石鹸が実践する「許容するマネジメント」とは

f:id:kensukesuzuki:20161107104823j:plain

こんにちは、ハブチンです。

今回は、東大阪にある石鹸メーカー木村石鹸の木村祥一郎社長と、外資系消費財メーカーから同社に転職された峰松加奈さんのお二人にお話を伺いにきました。

木村石鹸は、大正13年創業の老舗石鹸メーカー。近年は他社ブランドとして販売される製品の製造を請け負うOEMメーカーとして堅実な事業展開をされてきたのですが、お二人の入社を境に自社ブランドの開発や、新しい働き方の制度の導入など様々なイノベーションを起こしています。 その際にどのようなことに気をつけているのか?こだわりポイントは?…をざっくばらんに聞いてみました!

【プロフィール】

木村祥一郎(写真左):1972年生まれ。1995年大学時代の仲間数名と有限会社ジャパンサーチエンジン(現 イー・エージェンシー)を立ち上げ。以来18年間、商品開発やマーケティングなどを担当。2013年6月にイー・エージェンシーの取締役を退任し、家業である木村石鹸工業株式会社へ。2016年9月、4代目社長に就任。

峰松加奈(写真右):1990年生まれ。外資系消費財メーカーのユニリーバに新卒入社。2015年木村石鹸工業に転職。マーケティング室を自ら立ち上げ、自社ブランド「&SOAP」等の開発に取り組んでいる。

聞き手:ハブチン(写真中央)

自社ブランドを立ち上げたのは「強み」を持つため

ハブチン:木村社長は、いつ木村石鹸に入られたのですか?

木村:2013年ですね。

ハブチン:割と最近ですね。

木村:そうなんです。元々家業を継ぐつもりはなかったんですけど、まぁいろいろ経緯があって入ることになったんです。それまではITベンチャー畑だったので、石鹸については全くの専門外でした。

ハブチン:それなのに、なぜ自社ブランドを立ち上げようと思ったのですか?

木村:前職の経験から、自社ブランド・自社商品があることで、受託案件にも活かされると考えたからです。

ハブチン:どういうことでしょう?

f:id:kensukesuzuki:20161107104920j:plain

木村:前職のITベンチャーでも、受託開発の仕事をしていたのですが、売上比におけるある顧客の比重が非常に大きくなっていた時があったんです。

ハブチン:バランスが悪くなってきたんですね。

木村:そうなると、その顧客のちょっと無理なお願いも、失注するのが怖いから断れない。

ハブチン:現場の社員も疲弊しそうですね?

木村:フェアな取引をするためには自社に強みを持つことが必要と思い、自社サービスに切り替えて、そちらの比重を大きくしていったんです。

ハブチン:なるほど。

木村:木村石鹸はこれまでOEMメーカーとしてやってきました。しかし、これだけでは事業のポートフォリオとしては脆弱です。 前職で言うと受託案件だけやっているのと同じ状況です。 また、今後の成長性や競争においても、OEMだけに頼ってる状態はよくないと感じていました。

ハブチン:だから自社ブランドを?

木村:はい、自社ブランドで自ら販路を持ち、最終顧客との接点を持ってることは、OEM事業を展開していく上でも強みになりますし、事業的にはOEM事業だけよりも安定します。 また、何より強い自社ブランドを持つことができれば、社員が自信を持てるんじゃないかと思ったのです。

ハブチン:でもいきなり自社ブランドを立ち上げようと思っても、社内的にはなかなか発想が浮かばないですよね?

木村:発想とかよりも、何から手をつければいいのかまずわからない。OEMのビジネスから行くと、なぜそんなことをやらなきゃいけないんだ、っていうことがいっぱいあるんですよね。

ハブチン:OEMの方が一度の売上額も高いですよね?

木村:OEMだったら注文があって製造なので、製造したものが売れ残るということもありませんし、一回の注文で何千個、何万個と製造するので、当然、その分、売上も大きいわけです。 でも、自社ブランドは製造しても売れるか売れないかわからないし、販売単位も小さいので、OEMのように一気に売上が立ちません。

ハブチン:社内からも疑問がでそうですよね?

木村:疑問が出るたび説明しました。今のビジネスが安泰なうちにしか新しい事業には取り組めないんだよ、ということを。OEMがビジネスとして成り立ってるうちに自社ブランドを立ち上げたいと。そして、自社ブランドのメリットや、OEMビジネスとの違いなどをことあるごとに説明してきました。

ハブチン:でもそれは頭でわかってても、今の既存のビジネスをやってる人にとっては感情的にはなかなか理解できないことかもしれないですね。だから社内だけでなく、社外から人材を採用してきたわけですね。というわけで峰松さんにお話を聞きましょう。

転職を決めたのは「自由に勝手に動ける」から

ハブチン:さて、峰松さんお待たせしました。峰松さんは外資系消費財メーカーでマーケティングをされていたということですが、なぜ木村石鹸に入社しようと思ったんですか?

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。