ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

とにかくギリギリまで寝ていたい!“ズボラ女子”の救世主・時短コスメ5選

  • ガジェット通信を≫

女子にとっては、毎日のお肌ケアは大事。けれど、美容にかける時間よりも、もっと寝ていたい…というのが本音ではないでしょうか。そんな多忙な女子や、寝ることが大好きなズボラ女子を助けてくれるのが、日々のケアを楽にしてくれる「時短コスメ」。今回はライターの体験記とともに、おすすめの時短コスメを5つご紹介します。

洗顔+スキンケアが一度ですむシートがあるとラクちん!

朝起きて外出するまでに欠かせないのが、洗顔して、化粧水と乳液をつけて、メイクして…というステップ。習慣になっているといえばそうですが、短縮できるものならばしたいですよね。そんな時に活用したいのが、洗顔とスキンケアが一度でできるオールインワンシート。特に優秀なのが、この2枚です。

サボリーノ 「目ざまシート」

寝起きの肌に60秒シートを貼るだけで、 洗顔、 スキンケア、 化粧下地までOKのオールインワンマスク。ひきしめ効果のあるスキンケア成分でスッキリ。さらに保湿成分もしっかり配合。はがす時にサッとふきとることで、余分な角質と汚れも一緒にとれるスグレモノ。

サボリーノ 目ざまシート 32枚入り/1,300円(税抜)

画像提供:BCL

在庫をチェックする⇒

貼るだけで、洗顔もスキンケアも、そして下地までも済むなんて…最初は「本当に!?」と疑いたくなるようなシートでしたが、試してみると納得。むしろ、いつもの洗顔した後の肌よりもすっきりと爽快感がありました。

しかも、シートをはがすと、パックをしたあとのような肌になった気が。しっかりとした保湿効果にも感激! 朝起きて頭がまだボーッとしているときに貼ると、途端に目が覚めるのもうれしい効果でした。

美容習慣 「洗顔不要、朝5秒のオールインワンスキンケアシート」

朝起きたら、シートで顔全体をおおい、5秒間ラッピング。その後、やさしく顔全体をふきとるだけでOK。シート1枚に化粧水約1回分がたっぷり含まれています。

美容習慣 洗顔不要、朝5秒のオールインワンスキンケアシート 30枚入り/750円(税抜)

画像提供:sizebook

こちらは、パックでなくふき取るタイプ。シートは20cm×20cmと顔をすっぽり包み込める大きめサイズなので、何回もふき取る必要がなく、その名のとおり本当に「5秒」でケアが可能です!

ふき取った後の肌に触れると、しっとりとして保湿力も充分に感じました。これならメイクにすぐに取りかかれる! うっかり寝坊をして切羽詰まった朝にも役に立ちそうです。

2種類のシートを試してみましたが、洗顔とスキンケアが一度にできるのは格段にラクだなぁと実感。また、冬場にはお湯が出るのを待つことなく、洗顔を済ませられるのも利点だと感じました。一度使ってみると、その手軽さを実感できるはずです!

ワンステップでスキンケアからUV対策まで!

洗顔後は、化粧水、美容液、乳液、UVカットの化粧下地…と、いろいろなケアをしなければいけないですよね。「キレイを保つためには必要って分かるけれど、ぶっちゃけ面倒」と思っている人も多いのでは? そんな人にオススメなのが、こちらのゲル。

肌ラボR 「極潤R UVホワイトゲル」

肌にうるおいを与えるヒアルロン酸と、ビタミンC誘導体を配合。さらに、最強のUVカット効果もプラスしたひとつで7役のオールインワンゲル。

肌ラボ(R) 極潤(R) UVホワイトゲル/1,470円(編集部調べ)

画像提供:ロート製薬

在庫をチェックする⇒

乾燥肌の私は、洗顔後の肌が乾かないようにいつも急いでケアをしていたのですが、それらのケアがひとつでOKというこのゲルを発見したときは、感動モノでした!

さっそく試してみると、肌の上でスーっとのびて、軽いつけ心地! しっとりとしたうるおいのベールで包み込まれている感じがしました。化粧水、乳液、美容液、クリーム、パック、UVカット、下地という7ステップがこれひとつで済んでしまうので、ケアの時間がいつもより2〜3分は短縮された気が! さっと顔全体にぬるだけでいいなんて、ラクちんすぎてステキ!

さらに、SPF50+、PA++++という最強のレベルのUVカット効果も得られるので、まだまだ日差しに油断ができない季節にも頼れるコスメ。ベタベタ感や白く残ることがないので、日焼け止めが苦手な方にもオススメです。

パック&ピーリングのスペシャルケアが一度で完了!

ズボラ女子にとっては、パックなどのスペシャルケアも「なんとなく面倒…」が本音。それでもやっぱり美肌はキープしていたいという、ワガママな乙女心にぴったりのコスメがコチラです。

Sing 「オーガニック炭酸ホワイトパック」

メイクをオフした後の肌に、濃密泡で5分間パック。洗顔・ピーリング ・パック・保湿がこれひとつで叶うマルチケアアイテム。

Sing オーガニック炭酸ホワイトパック 150ml/1,800円(税抜)

画像提供:リオ・エンターテインメント

さっそくお試し。ふっくらやわらかい泡を乗せるだけなので、パックのように「顔のパーツにキチンと合わせなきゃ」という手間もなし! 炭酸の濃密泡だからか、時間が経つとくすぐったい感覚があるのも面白いです。やがて泡がどんどん消えていき、5分後はクリームを塗ったような状態に。最後はぬるま湯でさっと洗い流すと、肌がスーッとして気持ちいい!

保湿効果もあるため、洗い流した後もお肌はしっとり。私は乾燥肌なので、普段使っている乳液もプラスしたら、いつもよりもさらに保湿された気がしました。これもピーリング効果のおかげかも♪

ふつうの美容パックは15分ほど時間を置かないといけないですが、オーガニック炭酸ホワイトパックは5分! これなら毎日でもスペシャルケアをしたいと思いますし、苦になりませんよね。ズボラでも美白・美肌をキープできるのはうれしい限りです。

速く髪が乾く、とっておきの秘密兵器

朝風呂派にとっては、髪を乾かす時間もなるべくなら短くしたいところ。そんな人にとって、強い味方を見つけました! 忙しい朝どころか、疲れてすぐ眠りたい夜にも重宝するアイテムです。

サボリーノ 「速く乾かスプレー」

タオルドライした濡れた髪にシュッとスプレーするだけで、髪が速く乾く! さらに、

3種のオイルをはじめとした美容保湿成分入りなので、ヘアトリートメントまでしてくれる♪

サボリーノ 速く乾かスプレー 160g/1,300円(税抜)

画像提供:BCL

いったいどのくらい速く乾くのか? スマホのストップウォッチで計り、比べてみることに。まずはスプレーを使わず、いつものようにドライヤー。お風呂上がりに軽くタオルドライしたあと、髪全体が乾いたなと感じるまでにかかった時間は3分36秒でした。

翌日はスプレーの出番。お風呂上がりにタオルドライ、ここまではいつもと一緒。その後、シュッシュッとスプレーをして、ドライヤーで乾かしてみました。乾き具合を確認してみると、最初はスプレーの湿りを感じるものの、「あれ、もう乾いてる…!?」と実感できるのが、いつもより速く感じました。全体が乾いたと思ってストップウォッチを止めると、2分5秒。

なんと、1分31秒もの短縮に成功です!

私は髪の毛の量が多い方なのでこのタイムでしたが、公式情報によると普段の約半分の時間で乾くとのこと! それでも、1分31秒も速く髪を乾かせるのは喜びです!(※あくまでもライター個人による計測です)

夜のお風呂後だと早く眠れるし、忙しい朝もとても助かる! また、せっかくお風呂に入ってもドライヤーの熱風ですぐに汗だくになってしまうのがイヤなので、少しでも速く乾かせるのはう嬉しいですよね。長い時間ドライヤーを持っていて腕が疲れる…なんて悩みも解消できそうです。

さらに、時間短縮以外にも嬉しいことが。ただ乾かすよりも髪にツヤが出て、まとめやすくなった気がします!「さすがオイル成分入り♪」と、テンションも上がりました。

おすすめの時短コスメ、いかがでしたか? ぜひ一度試してみて、朝や寝る前のケアタイムが短くなることを実感してみてください。「これだけでいいの!?」という驚きと、睡眠時間を確保できる幸せ、手間がかからない喜びを、きっと感じられるはずです。

(今回紹介した商品)

・サボリーノ 目ざまシート 32枚入り/1,300円(税抜)

在庫をチェックする⇒

BCL公式サイト サボリーノ 目ざまシート紹介ページ

・美容習慣 洗顔不要、朝5秒のオールインワンスキンケアシート 30枚入り/750円(税抜)

シャンディ公式サイト 美容習慣 洗顔不要、朝5秒のオールインワンスキンケアシート紹介ページ

・肌ラボR 極潤R UVホワイトゲル/1,470円(編集部調べ)

在庫をチェックする⇒

ロート製薬公式サイト 肌ラボR 極潤R UVホワイトゲル紹介ページ

・Sing オーガニック炭酸ホワイトパック 150ml/1,800円(税抜)

リオ・エンターテイメント公式サイト Sing オーガニック炭酸ホワイトパック紹介ページ

・サボリーノ 速く乾かスプレー 160g/1,300円(税抜)

BCL公式サイト サボリーノ 速く乾かスプレー紹介ページ

取材・文/宮平なつき

関連記事リンク(外部サイト)

種類が多くて困ってしまう日焼け止め…賢く使い分ける3STEP、教えます!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP