ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】KinKi Kids『道は手ずから夢の花』が164,989枚売り上げ、シングル・セールス1位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 KinKi Kids20周年year第2弾シングル『道は手ずから夢の花』が、初動3日間の137,292枚売上でトップを確定、その後も快調に約3万枚の売上を積み上げ、初動1週間の売上が164,989枚と、2位の℃-uteに6.8万枚の差をつけてシングル・セールス・チャート1位を獲得した。

 来年6月に解散することを発表している2位の℃-uteは、トリプルA面シングル『夢幻クライマックス/愛はまるで静電気/Singing~あの頃のように~』は、初動3日間で90,221枚、初動1週間で96,827枚セールスとなり、週末での大きな伸びを果たすことが出来なかった。

 初動3日間では42,589枚セールスと報じていたDa-iCEは、週間補正で初動3日間の速報値よりも売上枚数を逆に減らし、40,123枚セールスで落着した。今週16,653枚売り上げた5位のHey! Say! JUMP『Fantastic Time』は、累計で293,282枚で、次週30万枚の大台を超えることが確実視されている。

 「週間補正」についての説明は以下の通り。

 ビルボード・チャートにパッケージ売上データを提供するサウンドスキャン・ジャパンでは、同売上データを調査、公表するにあたり、売上枚数を収集できていない店舗等の数字を推定するため、各店舗ごとの実績に応じて係数を掛けている。速報値では、規定の係数は変えずに算出、公表するが、週間シングル・セールス・チャートでは、販売実績を大きく超え、全国推定売上枚数が総出荷枚数を越える可能性が高い場合、補正を行うことがあり、これを「週間補正」という。ただし、販売データとして提供された実売数より下回ることはない。

◎Billboard JAPAN Top Singles Sales
(2016年10月31日~11月6日の全国推定売上枚数)

1位:『道は手ずから夢の花』KinKi Kids 164,989枚
2位:『夢幻クライマックス/愛はまるで静電気/Singing~あの頃のように~』℃-ute 96,827枚
3位:『恋ごころ』Da-iCE 40,123枚
4位:『最Ψ最好調!』でんぱ組.inc 25,457枚
5位:『Fantastic Time』Hey! Say! JUMP 16,653枚

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】KinKi Kids『道は手ずから夢の花』が13万枚超で首位! 2位は解散を発表している℃-uteのトリプルA面シングル
NGT48北原里英&℃-ute矢島舞美が裏表カバー『My Girl vol.15』付録ブックはまるごと小倉唯
Da-iCE『逃げるは恥だが役に立つ』新垣結衣&星野源が踊る“恋ダンス”をカヴァー

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP