ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

意外に間違いが多い「冷え性対策」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。毎週月曜は、実践できる「健康」と「美」へのヒントをクイズ形式でお送りしています。

11月7日(月)のオンエアでは、「冷え性対策」をピックアップ。北里研究所で1997年に日本初の「冷え性外来」を開設した、渡邉賀子先生(帯山中央病院院長)に、これからのシーズンに注意しておきたい冷え性対策にまつわるクイズの出題と解説をしていただきました。

女性の7割が悩んでいるという「冷え性」。しかし間違った対策をしている人が意外に多いそうです。

今回のクイズはこちら!

Q 次のうち、冷え性対策として正しい対策はどれでしょうか?

?靴下をしっかり重ね履きする
?熱いお風呂で汗をかく
?腹巻きを愛用する

さぁ、どれでしょう?

このクイズに別所は「どれも正しいと思うけど、複数回答じゃいけないのかな…? 一番正しいものは…?番? 腹巻きは良さそうですけどね…」と悩みつつも、?を選択しました。

さて、渡邉先生の正解は…?の「腹巻きを愛用する」でした! では「正しい冷え性対策」とは?

「大切な内蔵のあるお腹まわりが冷えると、身体は手足を犠牲にして中心部の温度を守ろうとします。そのためお腹まわりを温めることが最優先の対処法なんです」(渡邉先生)

一見すると、どれも正解のように思える「冷え性対策」ですが、靴下の重ね履きは、足元を温めること自体はとても良いことなのですが、重ね履きの締め付けで血流が悪くなり冷えが酷くなるそうです。足元を温める時は、締め付けないレッグウォーマーなどを利用するのが正しい対処法だとか。

またお風呂で身体を温めることも良いことなのですが、熱いお風呂だと身体の芯が温まる前に汗をかき、体内から熱を逃がすことになり、疲れや冷えの原因になってしまうそうです。40度くらいのぬるめのお湯にゆっくり入る半身浴がおすすめとのことです。

冷えが気になる方、渡邉先生のアドバイスを試してみてはいかがでしょうか♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP