ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東海No1の有名紅葉「香嵐渓」は渋滞覚悟でも一度見るべき!【愛知】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東海地方でも紅葉が見頃を迎え、まさに今がシーズン真っ盛り!

グルメやお風呂、おやつ、お遊びスポットを楽しみながら、赤く色づく錦秋の風景を目指して紅葉ドライブはいかがですか?

東海で紅葉と言えば、No.1の呼び声高いのが「香嵐渓」。

毎年香嵐渓へ向かう道は大混雑するものの、渋滞覚悟でも見たい、感動の絶景が広がります。

約4000本ものモミジが色付く光景は圧巻!

夜のライトアップはムードたっぷりでデートにもおすすめです。

そんな香嵐渓のみどころと、立ち寄りスポットをまとめました。

事前にチェックして出かけてみてくださいね。

香嵐渓

鮮やかな紅葉に心華やぐ絶景なる4000本の山紅葉。

標高254mの飯盛山が豪華絢爛な紅葉の風景へと変わる秋。思い思いに散策を

見頃/11月中旬~下旬

東海随一の紅葉名所「香嵐渓」。

約380年前、香積寺の和尚によって植えられたのが始まりで、巴川の両岸を約4000本のモミジが紅葉する光景はまさに圧巻!

11種類もあるという、カエデの葉を見比べるのも楽しそうです。

息を呑むほど美しいロマンチックなライトアップも見逃せない!ライトアップは11/1(火)~30(水)の日没~21時まで。ゆっくり見るなら平日の夜が狙い目です

待月橋(たいげつきょう)

撮影スポットとして人気の香嵐渓のシンボル。

待月橋を渡った飯盛山側の岸では、「五色もみじ」が眺められます。


紅葉のトンネル

香積寺まで続く参道は両側が木々に覆われ、真っ赤なモミジのトンネルをくぐりながらゆるりと散策できます。


第61回香嵐渓もみじまつり 11/1(火)~30(水)

三州足助屋敷の前に設けられた香嵐渓広場で、お茶会、和太鼓、猿回しなどのイベントを随時開催。

グルメやクラフトの出店もあります。 香嵐渓(こうらんけい)

TEL/0565-62-1272(足助観光協会)

住所/豊田市足助町飯盛

アクセス/猿投グリーンロード力石ICより15分

駐車場/平日600台 ※土日祝は最大1600台(1回1000円)

「香嵐渓」の詳細はこちら

腹ごしらえはコチラ!

香嵐渓の中には、グルメスポットが点在。

「三州足助屋敷」周辺には、もみじまつり期間中だけ販売されるグルメもあるから、腹ごしらえや休憩にオススメ!

ししバーガー

豊田産の猪肉をハンバーグにし、パンに挟んだ「ししバーガー」500円。肉にセロリを練り込むため臭みがないんだとか

営業時間/9時~18時(変動あり) ※11月のみ営業

刀削麺

中国菜館の「刀削麺」600円~。中国から特級料理人を招き、もみじまつり期間限定で実演販売。身体が温まります。

営業時間/10時~20時(変動あり)※11月のみ営業

堅香子

三州足助屋敷にある「堅香子」。紅葉を望む巴川沿いのテラスでゆるり。

営業時間/9時~16時30分

定休日/木(11月は無休)

料金/炭焼きコーヒー380円

自家焙煎の挽きたて淹れたての炭焼きコーヒーは堅香子(かたかご)の看板メニュー。甘味もあります

冷えた体を温めるならコチラ

猿投温泉 日帰り温泉 岩風呂 金泉の湯

香嵐渓から一番近い、天然ラドン温泉。

香嵐渓より車で40分愛知県で初めて飲泉許可を受けた、全国でも珍しい天然ラドン温泉。

体にラドンを取り込めば、細胞が活性化し、自然治癒力が高まるといわれています。

紅葉狩りの帰り道、気軽に立ち寄りを。 猿投温泉 日帰り温泉 岩風呂 金泉の湯(さなげおんせんきんせんのゆ)

TEL/0565-45-5800

住所/豊田市加納町馬道通21

営業時間/9時30分~23時30分(土日祝 8時~) ※最終受付23時

定休日/なし

料金/大人1500円、3歳~小学生1000円 ※加温あり

「猿投温泉 日帰り温泉 岩風呂 金泉の湯」の詳細はこちら

渋滞のアドバイス

香嵐渓沿いのR153は渋滞するため、猿投グリーンロード枝下IC~県道11号~県道33号や、R153~県道344号等、迂回ルートの利用も手。

また、「みちナビとよた」での渋滞チェックもベター。

※この記事は2016年10月時点での情報です。

※紅葉の見頃は例年の時期を記載しています。天候により変動する場合があるため、お出かけ前にご確認ください。

関連記事リンク(外部サイト)

自然豊かな箱根で過ごすクリスマスは、大人のデートにも最適!クリスマスに過ごしたいデートスポット20選
子供と一緒に秋の家族旅行に行くならここがオススメ!山形ならではの秋の見どころ20選。
街中温泉がこんなにスゴイ!駅チカ実力派温泉3選【関西】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP