ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タッチフリー&ハンドジェスチャーでスマートデバイスを操作可能にする「Bixi」でスマートホーム生活を!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンと連動し、ハンドジェスチャーでアプリの機能を作動させるセンサーデバイス「Bixi」が、自宅のスマートホームツールの管理に一役買ってくれそうだ。

例えば、「Bixi」の前で手を振ったり動かしたりといったハンドジェスチャーをするだけで、料理をしているとき、粉まみれの手のままタブレットのレシピのページをスクロールしたり、ドライブ中に、スマートフォンを操作することなくSpotifyの音楽を切り替えたり、自転車で走行中にGoProを作動させたり……といったことが可能になる。

・「Bixi」1個で、2つのアプリをコントロールできる

ユーザーは1個の「Bixi」で、2つのアプリ&デバイスのマルチプルアクションを同時に統括できるという。

寝室に置いて、スマートフォンのアラーム機能のオンオフ&スマートブラインドの開閉をしたり、リビングで「Philips Hue」などのスマートライトのカラーや明るさの調整&「Apple TV」をコントロールしたり、オフィスでプレゼンテーションの際、「PowerPoint」を起動しつつ音楽を流したり。

アイデア次第でさまざまなアクションの組み合わせを実行できる。

・35度、25cmまでの感知範囲

これにはさまざまなWebサービスを連携させる「IFTTT」の機能が活用されており、Bluetoothを通じてスマートフォンのアプリと連動する。「Bixi」の視野は35度の範囲、センサーの最大レンジは25センチメートル。この範囲内でおこなわれた手のアクションを検知し、アプリのコマンドを実行させるという仕組み。

・専用アプリで、ハンドジェスチャーと実行アクションの設定が可能

ハンドジェスチャーの種類は以下のようなもの。

“時計回りに手を動かす”“反時計周りに手を動かす”“シングルタップ”、“ダブルタップ”“手を上、または下動かす”“手を右、または左に動かす”“手を近づける、または遠ざける”といったものがあり、それぞれのアクションごとに異なる機能をあてがうことが可能。

例えば、“音楽”と“スマートライト”のアプリを総括していて、音楽の再生&一時停止、ボリュームのアップ&ダウン、次の曲へスキップしたり、ライトの明るさのアップ&ダウン、カラーをパターン1に変更、といったアクションを実行できる。

ハンドジェスチャーとアクションの関連付けは、「Bixi」のアプリから簡単3ステップで完了。バッテリーは通常使用で約3週間~2ヶ月ほどもつという。

クラウドファンディングサイトKickstarterで12月4日まで出資を受付中で、すでに目標金額2万5000ドル(約260万円)の2倍超の資金を集めている。

Bixi

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP