体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【20分×1日2回】「瞑想」でリラックスし、ストレスを吐き出そう

皆さん、仕事のストレスが溜まったり、集中力を欠くほど疲れたりしたとき、どのように解消していますか。お酒を飲んでも翌日に身体が重くなってしまう、ジョギングやスポーツで発散しようにもなかなか時間がとれない…なんてことはないでしょうか。

そこで、今回注目するのは、短時間で手軽に行えるリラクゼーション方法――「瞑想(めいそう)」です。瞑想とは、何かに心を集中させること、心を静めて無心になること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすこと――などと定義されています。

大手メーカーで30年勤務した後、外資系企業のトップに転身、現在はエグゼクティブコーチ&コンサルティング会社の代表を務める藤井義彦氏は、42歳のときに「瞑想」に出会い、その効果を実感したといいます。

「瞑想」を行うメリット、やり方について、藤井氏に教えていただきました。

f:id:tany_tanimoto:20161107093159j:plain

心のコントロールが必要なスタイルと、必要でないスタイルがある

一口に「瞑想」といっても、実はいろいろな種類があります。代表的なものとしては「マインドフルネス」「坐禅」「TM」など。

「マインドフルネス」は、米国マサチューセッツ大学医学部でストレス低減法として使われていた療法が原型とされ、「自分の身体や気持ちの状態に気付く」ことを目指すものです。

「坐禅」は仏教において、姿勢を正した座り姿勢で精神統一を行う「修行」です。

これらは、意識を「集中」するのが特徴といえます。

一方、私が実践した瞑想法は「TM(超越瞑想/Transcendental Meditation)」。こちらはインド発祥で、「意識を集中させる」「雑念を払う」など、心をコントロールするための努力が不要。自然体で楽に行えて、リフレッシュ効果が高いのが特徴です。米国のIBMやGMなどをはじめとする大手企業でも、能力開発やストレスマネジメント法として導入されているほか、起業家、政治家、アスリート、ミュージシャンなど愛好者は幅広く、世界で600万人が実践している手法です。

私は瞑想(TM)を習慣づけることで、激務の中でもストレス知らずで快適に過ごすことができました。具体的には次のような効果を実感しています。

深いリラックスにより、ストレスを吐き出す

ストレスが溜まると、平常心を失ってムダが多くなり、判断も行動も微妙にブレてしまいます。落ち着いてやればできることも、焦るとうまくいかない。それがまたストレスを呼ぶという悪循環に陥ってしまうわけです。

悪循環を断ち切るためには、とにかくストレスを外に吐き出す必要があります。そのためには、深くリラックスすることが大切。瞑想はリラックスを与えてくれるので、心身が落ち着いた、健康な状態をよみがえらせることができます。

忙しくて睡眠時間が十分にとれない場合も、瞑想でリラックスすることで睡眠不足を補う効果があります。

また、瞑想を日常的に継続すると、「能力開発」が進展します。それまで十の努力で三の能力開発しかできなかったのが、十以上できるようになることも。一般に人の潜在能力は5~15%しか活用されていないといわれていますが、残りの力を引き出しやすくなります。

実際、瞑想を実践しているグループと実践していないグループに分け、1年間かけて学習能力の伸びを比較したところ、瞑想を実践しているグループのほうに大幅な能力の伸びが見られたという研究結果があります。

これは、瞑想による日々のリラックスが、思考力、創造性、理解力、記憶力を高め、それらが学習能力に結実したものと思われます。

瞑想の効果については査読化された研究論文が約400件発表されています。瞑想は宗教ではなく、科学的な技術なのです。初心者でも、瞑想を始めたその日から、心と身体が生き生きとしてくるのを感じるでしょう。まずは、瞑想を日常生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

瞑想のやり方は、訓練を受けた専門教師から習うことをお勧めします。とはいえ、どんなことをするのかイメージがつかないと一歩を踏み出しにくいかと思いますので、ポイントをお伝えしましょう。

●理想は「20分間」×1日2回

まず、瞑想とはどのくらいの時間やればいいのでしょうか。

結論からいうと、1日2回、各20分間というのがもっとも実践しやすいと思います。もちろん、決まりはなく、5分・10分でも、30分・40分でも構いません。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。