ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

the GazettE、「KNOTFEST JAPAN 2016」で世界標準のパフォーマンスを披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫
the GazettE、「KNOTFEST JAPAN 2016」で世界標準のパフォーマンスを披露

the GazettEが、千葉・幕張メッセ国際展示場で行われたスリップノット主催のフェス「KNOTFEST JAPAN 2016」に出演した。

11月5、6日の二日間にわたって開催された「KNOTFEST JAPAN 2016」は、本国のアメリカはもちろん、メキシコでも開催され、メタルやラウドロックのファンが集結するビッグフェスとして知られている。今回、日本開催となるのは2度目。

参加アーティストは両日出演のスリップノットに加え、デフトーンズやディスターブド(5日)、マリリン・マンソン、ラム・オブ・ゴッド、そしてスラッシュメタル界の重鎮、アンスラックス(6日)など、大物がズラリ。さらには、海外でも注目度の高い日本のバンドが複数参加しているのも話題を集めた。6日に登場したthe GazettEも、海外進出を果たしているバンドのひとつ。

視覚的な要素を駆使するパフォーマンスに、轟音と叙情的なメロディーが混在する日本的な感性が世界中で熱く受け入れられている。2016年は北米や南米、さらにはアジアやヨーロッパをまわるワールドツアーを敢行し、各地を熱狂させてきたばかり。その勢いと、ビッグフェスへの参加という緊張感を胸に、彼らはステージに上がった。

メンバーの姿を確認するや、場内からは熱い声援が飛ぶ。1曲目にプレイされたのは「DOGMA」。昨年リリースしたアルバム「DOGMA」を象徴するナンバーだ。うねるようなサウンドが会場を漆黒に染めていく。

続く「RAGE」「UGLY」も攻めのダークサウンド。グロウルとクリアな歌声をあやつるRUKI(Vo)のスタイルも独特だ。MCでは「こんばんは、ガゼットです。見ての通りビジュアル系でございます」と、直球で挨拶し、歓声を浴びた。タイプの違うギタリスト、麗(G)と葵(G)のスリリングなギターや、REITA(B)と戒(Dr)による動きの多いプレイスタイルもステージに華やかさを添える。後半は観客のレスポンスをうながす「BLEMISH」、「TOMORROWNEVER DIES」でテンションを上げ、「気合い入れてかかってこい!」という煽りでクライマックスへ。ラストはキラーチューン「Filth in the beauty」で熱い一体感とともにフィニッシュを迎えた。

the GazettEは今後、2017年3月10日に「十五周年記念公演 大日本異端芸者『暴動区 愚鈍の桜』」というアニバーサリー公演が決定している。

ライブ情報
十五周年記念公演 大日本異端芸者「暴動区 愚鈍の桜」
2017年3月10日(金)国立代々木競技場第一体育館 開場17:30 / 開演18:30
チケット料金:全席指定8,000円(税込)※3歳以上有料
一般発売日:2017年2月11日(土)10:00
特設サイト:http://the-gazette.com/15/0310/

リリース情報
「the GazettE LIVE TOUR 15-16 DOGMATIC FINAL -漆黒- LIVE AT 02.28 国立代々木競技場第一体育館」
2016年11月9日(水)発売

初回限定盤(DVD2枚組)SRBL-1721〜22 9,258円+税

通常盤DVD(2枚組)SRBL-1723〜24 5,800円+税

通常盤BD(1枚組)SRXL-108 6,800円+税

関連リンク

the GazettE オフィシャルサイトwww.pscompany.co.jp/gazette/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。