ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大谷翔平 女子アナの単独取材厳禁・合コン禁止など徹底隔離

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在2億円の年俸は来季には5億円、いや10億円と噂され、メジャーに移籍すれば年俸30億円を出す球団もあると言われる。そんな史上最強のスーパースター、日本ハムファイターズ・大谷翔平(22)の「嫁の座」を狙う女は少なくない。

「日本中が大谷翔平を見守る父親・母親のような気持ちですからね(笑い)。その覚悟がない人には『お嫁さんになりたい』とはいってほしくありません。そうじゃないと、大切な“国益”を損ねますよ」

 こう全国の野球ファンの気持ちを代弁するのは、漫画家のやくみつる氏だ。

 日本ハムを日本一に導いて以来、大谷の女性関係を各メディアが詮索し続けている。『女性セブン』は地方局の9歳年上の女子アナとの交際説を報じ、『FLASH』は女子アナによる“大谷争奪戦”という特集を組んだ。野球評論家の江本孟紀氏がいう。

「日ハムやソフトバンクなど、地方球団の選手も地方局の女子アナと出会う機会が増えてきている。局側も女子アナと野球選手をくっつけようと裏工作する、なんて話も聞きますね。大谷ほどのスターなら引く手数多でしょう」

 これには日ハムも神経を尖らせているようだ。かつて人気絶頂だったダルビッシュ有がタレントの紗栄子と“デキ婚”した前例もある。大谷に群がる女性に対してはことさら警戒の目を怠らないのだという。スポーツ紙記者が声を潜める。

「大谷のインタビューには常に球団の人間がそばについてガードしている。女子アナの単独取材はもちろん厳禁で、プライベートでも合コン禁止など、徹底的な“隔離政策”がとられているそうです」

※週刊ポスト2016年11月18日号

【関連記事】
祝フリー転身!グラフィティで振り返る加藤綾子アナ【後編】
大谷翔平 オフ返上で肉体改造に着手し体重100kgに増量計画
顎関節症から復帰の日テレ宮崎アナ 妙なところで評価あがる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP