ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

5SOSのツアーが総興行収入3,900万ドル突破で米ビルボード・ツアー・チャート1位に、ONE OK ROCKも参加

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
5SOSのツアーが総興行収入3,900万ドル突破で米ビルボード・ツアー・チャート1位に、ONE OK ROCKも参加

 ツアー・ファイナルを迎えたファイヴ・セカンズ・オブ・サマー(5SOS)のワールド・ツアー【サウンズ・ライブ・フィールズ・ライヴ】の総収益が発表され、最新の米ビルボード・ツアー・チャート“Hot Tours”の首位に立った。

 オーストラリアの4人組、5SOSによるワールド・ツアーの興行収入データの大部分は先週発表され、チケット・セールスが2,600万ドルに上り、ツアー・チャート1位を獲得。これに今年前半に発表された額を足すと3,900万ドルの総興行収入を得たことになる。

 2015年10月リリースの2ndスタジオ・アルバム『サウンズ・グッド・フィールズ・グッド』を携えてのツアーは、2016年2月中旬に日本でスタート。4月から6月中旬にかけてヨーロッパ15か国をまわった後、9月末まで北米を巡り、最終的に10月に母国オーストラリアでファイナルを迎えた。なお、北米の一部の日程には、日本のロック・バンド、ONE OK ROCKも参加している。

 ツアー・チャート2位は、3人組カントリー・バンドのディクシー・チックスで、2016年のワールド・ツアー【DCX MMXVI】の最終24コンサートの興行収入1,940万ドルでランクイン。同バンドは来春オーストラリアでツアーを再開する予定だが、年内の北米・ヨーロッパ・ツアーは10月に一旦終了した。

 米ビルボード”Boxscores”に報告されたデータによると、今回のツアーの総収益と観客動員数の平均は、10年前の前回アメリカ・ツアー【Accidents & Accusations Tour】より25%増えている。13年前の方がコンサート別チケット販売数が12%多かったにもかかわらず、今回のツアーの総収益平均は、2003年の【Top of the World Tour】の数字に近い。

◎【HOT TOURS】11月1日付
(アーティスト名 / 総収益 / 集計日程)
1位 5 SECONDS OF SUMMER / 25,957,822ドル / 2016年2月19日~10月5日
2位 DIXIE CHICKS / 19,421,696ドル / 2016年8月12日~10月10日
3位 PHISH / 8,903,461ドル / 2016年9月2日~10月25日
4位 DAVE MATTHEWS BAND / 5,952,568ドル / 2016年7月19日~9月4日
5位 DRAKE & FUTURE / 1,752,511ドル / 2016年8月21日
6位 BAD BOY FAMILY REUNION TOUR / 1,353,781ドル / 2016年9月23日
7位 AC/DC / 1,216,141ドル / 2016年9月20日
8位 SIA / 749,417ドル / 2016年10月21日
9位 BJORK / 500,841ドル / 2016年9月24日
10位 BONNIE RAITT / 289,539ドル / 2016年10月22日

関連記事リンク(外部サイト)

5SOSのさらなる進化を感じさせる、聴きどころ満載のサマー・ソング「ガールズ・トーク・ボーイズ」(Song Review)
ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーが映画『ゴーストバスターズ』のサントラに新曲を提供
ONE OK ROCKがファイヴ・セカンズ・オブ・サマーの北米ツアーに参加

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。