ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「KNOTFEST JAPAN 2016」2⽇間に渡るダークカーニバル終了

DATE:
  • ガジェット通信を≫

©KNOTFEST JAPAN
「KNOTFEST JAPAN 2016」が11月5日・6日に千葉・幕張メッセにて開催された。

ヘッドライナーのSlipknotはもちろん、Deftones、Disturbed、Hoobastankといったモンスタークラスの海外バンドが集結し、日本人アーティストはSiMやROTTENGRAFFTY、RIZE、coldrainといった、国内で圧倒的な人気を誇るバンドが最大限の愛を持って迎え撃つ「KNOTFEST JAPAN 2016」。

11月5日の初日、“僕らは日本に何十万といるバンドの一つです”とRIZE・JESSEのMC。選ばれた者、勝ち上がった者しかこのステージに登れないことを彼らはわかってる。そんな屈指のバンド達による確固たるオリジナリティーの応酬は、観る者の時間の感覚を麻痺させ、同時に彼らの狂喜を解放させた。

午前10時50分、オープニングアクトのステージから始まった丸1日のイベントだが、Deftonesでピークを迎えた熱狂は、Slipknotでさらに理性のタガをブッ壊してしまった。

初⽇に続いて、蒼天の陽気に包まれた幕張。⼆⽇⽬となる11⽉6⽇はMARILYN MANSONをはじめ、独⾃の世界観を徹底的に落とし込んだアーティストも出演する。開場前の近隣の飲⾷店ではメイクに勤しむファンの姿もチラホラ⾒られた。

©KNOTFEST JAPAN
この⽇もまた、2⽇連続ヘッドライナーのSlipknotを筆頭に、MARILYN MANSON、Lamb of God、IN FLAMES、ANTHRAXといった、モンスターバンドが居並ぶ奇跡のラインナップ。国内勢はMAN WITH A MISSIONやCrossfaithといった海外でも活躍するバンドから、the GazettEやMUCCといった妖艶な世界観を前⾯に打ち出したバンドまで、異⾊とも⾔える顔合わせでありながら、やはりSlipknotというキーストーン無しには実現し得ないラインナップであった。

©KNOTFEST JAPAN
そして、多様性はありつつも熱狂へと向かうベクトルは初⽇と何ら変わらず、オーディエンスを狂喜乱舞へと誘う1⽇だった。

MARILYN MANSONの衝撃のステージ、そして出演バンド陣の世界観やサウンドを⼀つにまとめ上げ、全てを燃やし尽くしてしまったような圧巻のSlipknotのステージ。全30バンド、31ステージ、ただでさえ滅多に観れないモンスターバンドが⼀堂に集う奇跡の2⽇間は、想像を遥かに超える衝撃と、他では味わえない⽿鳴り、そして⾄福の余韻を残して終了した。

©KNOTFEST JAPAN
©KNOTFEST JAPAN
なお、各バンドのライブレポートに関しては、後⽇ノットフェス・ジャパンオフィシャルサイトにて公開される。そして、本イベントの模様は2017年1⽉以降、MTV JAPAN/MUSIC ON! TVにてオンエアが決定。後⽇発表となる番組の概要については、各チャンネルのオフィシャルサイトにて発表される。

関連リンク

KNOTFEST JAPAN 公式サイトhttp://knotfestjapan.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP