ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

SF界の巨匠 小松左京氏 宇宙へ旅立つ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今年7月に死去したSF界の巨星、小松左京氏を追悼する『小松左京を宇宙へ送り出す会』が、11月29日、ホテルニューオータニの鳳凰の間で行われた。

7月の葬儀は近親者のみで行われたため、追悼会には出版、映像、芸能、文化学術など多方面から小松氏と親交のあった500人近くの人々が集まった。笑顔で送り出そうという呼びかけ人の言葉通り、にぎやかで笑いに満ちたなごやかな会となった。

宇宙へ送り出す会のメインイベントは、映画『日本沈没』の樋口監督の短編映像。
スクリーンに、小松氏の顔を描いたロケットが映ると、会場内から笑いと大きな拍手が起きた。毛利衛さんのカウントダウンで、小松左京ロケットが宇宙に飛び出す。拍手と笑顔に見送られ、やがてロケットは宇宙の深淵へ。銀河系を飛び出し、宇宙定数が浮かぶ空間を越え、果てしなき流れの果てへ飛んでいく。

次の瞬間、場内一杯に星がきらめいた。

世界屈指の性能を誇るプラネタリウム投影機『メガスター』で、会場内に満天の星空が映し出されたのだ。オーロラのように美しい星雲が揺らめくなか、松尾貴史氏が、小松作品の中のセリフを読みあげる。
「俺は“死ぬ”んじゃない!」
この時を予期したかのようなセリフに、ぐっとこみあげてくる。
小松氏は、宇宙へ逝ったのだ。
その後、献杯が行われ、参加者はそれぞれに小松氏を偲(しの)んでにぎやかに歓談の時を過ごした。
酒好きでヘビースモーカーだった小松氏に、献杯だけでなく献煙もということで、あちこちで紫煙が上がっていた。

印象的だったのは、会が終わってからのこと。すべてのプログラムが終わり、終了となっても、誰も帰ろうとしない。通常のパーテイは、終わる前から波が引くように人が去っていく。この追悼の会は、皆、その場に立ったまま、なおその場を去りがたい何かを感じていた。
「寂しがりだった小松も、喜んでいることと思います」
という事務局 乙部氏の言葉に、にこやかに笑う小松氏が見えるような気がした。

人は亡くなっても、無くならない。小松左京氏が存在した形が、多くの人の心の中に、作品の中に、宇宙空間に、……そして今ここにも、残っている。
巨星は、最後にこんな言葉を残して、宇宙へ旅立っていった。
「僕は日本人と、日本人の未来を信じている」

※この記事はガジェ通ウェブライターの「キリヤ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?
福島県生まれ。高校中退後、上京。
アルバイト生活中にタロット占いと西洋占星術を独学で習得。のちにヘイズ中村氏に師事し、20世紀最大の魔術師クロウリーの秘儀を学ぶ。
雑誌やウエブの占いライターをしながら小説を書き、
1998年児童文学作品でデビュー。
2000年、SF小説で小松左京賞努力賞受賞。
現在も占い師とライターの兼業。

日本児童文学者協会会員。日本臨床心理学会会員。

カテゴリー : エンタメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。