ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【メガネっ子必見】黒ずんだメガネ跡を消す方法や対策法を伝授

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【メガネっ子必見】黒ずんだメガネ跡を消す方法や対策法を伝授

コンタクトレンズが使えない人や、おしゃれのためにもメガネ派の人など、メガネのお世話になっている人は多いもの。視力が良くてもPC使用時にブルーライトカットのメガネをかけたり、サングラスをする場合も含め、気になるのが鼻の横につくメガネ跡。気を付けないと色素沈着になってしまって黒ずみやシミになることもあるんです。メガネ跡を薄くする方法や跡が残らないメガネの選び方を紹介します。

メガネっ子の宿命? 鼻の横のメガネ跡

一般的に販売されているメガネやサングラスのほとんどは、落下やズレ防止のためのノーズパッドがついています。メガネを作るときのフィッティングで、強く圧力がかからないように調整してもらっているはずなのですが、やはり長時間の装着や長期間使用によるゆがみなどで鼻の横にしっかりとパッドの跡が残ってしまいます。化粧直しの際など、鏡を見た時にくっきり跡がついていてショックを受けることもありますよね。一時的なものならまだしも、慢性的なパッドの刺激や圧力によってメラニン色素が定着してしまう状態になるとなかなか消えません。肌の新陳代謝が低下していたり、血行が悪い人ほど跡が残りやすくなります。

気になる色素沈着、消す方法はあるの?

日常的にメガネをかけている場合、パッドの刺激や圧力でメラニン色素が真皮層に入り込んでしまうことがあるそう。こうなってしまうと黒ずみは取れにくく、改善するには数カ月~数年の時間がかかることも。メガネをかけっぱなしにせず、時々はずしてパッド跡の部分を温めてマッサージするのが効果的。できるだけ刺激を与えずレンチンしたタオルなどで温めると血流が良くなって跡が薄くなってきます。黒ずんでしまっている場合は、ピーリングを定期的に行い皮膚の代謝を促すほか、ハイドロキノンという成分の入ったクリームを使用することも考えましょう。ハイドロキノンには高い美白効果がありますが、劣化しやすいため、新鮮なうちに使い切りましょう。市販のコスメにもハイドロキノン入りはありますが、皮膚科で相談すれば処方してもらえます。

跡が残らないメガネの選び方

ノーズパッドが無いタイプのメガネもありますが高額ですし、ずれやすいという難点があります。ノーズパッドを柔らかいシリコン製に変えることで肌の負担が少なく、ほとんど跡が残らなくなりますのでメガネ屋さんに相談してみると良いでしょう。最近は軽量のメガネも販売されています。長時間かけていても鼻や耳に負担がかからないタイプもありますから検討してみるのもアリ。

パッドに貼るシールタイプのやわらかシートもあるようです。少し気を遣うだけで快適さが全然違ってくるので、黒ずみが定着化してしまう前に対策しましょう。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。