ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マウスやキーボードはサヨナラ!手が不自由でもPCやタブレットを操作可能にするリストバンド「Shortcut」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

職人や技術者、配送業者などの仕事に携わる人の中には、万一の事故で手が不自由になる人もいる。

事故後、以前の仕事に復帰したり、新しい仕事に就こうと思っても、PCやタブレットの操作が必要になるものの、そういった操作が非常に困難であるのが実情だ。義手だと、正確な運動技能を駆使することが難しいし、触覚で感知・反応する操作も難しい。

・簡単なジェスチャーで操作できるリストバンド型デバイス

手が不自由な人のための“音声コントロール”のテクノロジーなども活用されているが、ドイツ発の「Shortcut」では別のアプローチを試みている。リストバンド型をしたデバイスで、直接マウスやスクリーンをタッチすることなく、簡単なジェスチャーでアクションが作動できるようになる。

・クリック、スクロールからドラッグアンドドロップまで

基本的なコマンドから、より複雑なショートカットコマンドのようなものまで再現できる。手が若干不自由でも実行できるよう、ちょっとした手のしぐさ(ジェスチャー)がトリガーになる。

クリック、ドラッグアンドドロップ、スクロール、ズーム、アプリの起動/終了など、実にさまざまなアクションを実行できる。

例えば、親指と他の残りの指をくっつけて輪をつくるジェスチャーで“手を動かすと“移動”、親指と人差し指をくっつけて輪をつくると“左クリック”、中指だと“右クリック”、手のひら側を上に向けると“上にスクロール”、下に向けると“下にスクロール”、手を右に振ると“スイッチ”といった具合だ。

・バンド部分から取り外して付け替えられる

シリコン製のリストバンドは、腕に巻きつけるバンド部分から、丸い本体部分を取り外すことができ、他のバンドに取り替えることができる。

ユーザーの手首の太さに合わせたバンド、違うカラーのバンドに取り替えて、アレンジが可能な仕様だ。

不幸な事故でハンデを負った人々をサポートする期待の技術になりそうである。こういった事例にこそ、現代のテクノロジーが活用されていって欲しいものだ。

Shortcut

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。