ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

玉城ティナ 資生堂「マジョリカ マジョルカ」で“かわいい”を引き出す動画「魔法のピタゴラメーク」公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

玉城ティナ 資生堂「マジョリカ マジョルカ」で“かわいい”を引き出す動画「魔法のピタゴラメーク」公開

 玉城ティナが出演する、資生堂「マジョリカ マジョルカ」の動画「魔法のピタゴラメーク」が公開された(https://youtu.be/UzqSFUehdoU)。

玉城ティナ「魔法のピタゴラメーク」映像カット

 この動画は、玉城演じる地味で内気な少女が、祖母の家の書斎で魔法の書『Majolica Majorca』を偶然発見したことから始まる物語で、彼女が開いた本のページの中でひらひら舞い落ちた一枚の羽をきっかけに、「マジョリカ マジョルカ」の全117アイテムを複雑に組み合わせて作られたピタゴラ装置が作動。その装置が進行するにつれて、化粧下地、アイライナー、マスカラ、チーク、リップといったメークアイテムが手順を追って登場し、最初は地味だった玉城が、「マジョリカ マジョルカ」の魔法にかかって美しい姿に変身していく。

 ピタゴラ装置のシーンには、フクロウやハリネズミといったユニークな動物に加え、「マジョリカ マジョルカ」のギフトサービスにて玉城がつくった似顔絵「マジョリ画」もこっそり登場。動画の幻想的な世界観を引き立てるのは、オペラ「カルメン」に日本語の歌詞をあてた楽曲で、ドイツ人女性が歌うこの歌詞ではメイクの秘訣が歌われている。

 撮影に当たり、自宅でハリネズミを飼っているという玉城からスタッフに対して、「ハリネズミの撮影は大変かもしれません」というアドバイスがあったというが、本番はその予想通り、ハリネズミがなかなか意図したように動いてくれず、NGを連発。それでも制作チームが一丸となって根気強くトライし、ようやくOKとなった。

 撮影後、フクロウに対して「お疲れさま!」と声をかけ、周りのスタッフに対しても深々とお辞儀しながら「ありがとうございました」と挨拶した玉城。ゆっくり頭を上げたその表情は、達成感と充実感に満ち溢れていた。

関連記事リンク(外部サイト)

玉城ティナ 関西初「リーボック クラシックストア」開店イベントでファンとチェキ撮影
tofubeats、玉城ティナが3つの部屋でくつろぐ新曲MVを公開
小松菜奈×Chara「やさしい気持ち for Instagram」マシェリPV公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。