ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「鉄板中華」の“鉄板チャーシュー”に渡部建、悶絶!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「Calolimit HUNGRY OUT」。11月4日(金)のオンエアでは、新宿・荒木町で話題の鉄板中華「遊猿」のオーナーシェフ、大内誠也さんが登場しました!

渡部が最近出合って感動したという同店。大内さんは、渡部も大好きな中華の名店「シャンウェイ」の出身です。そちらで9年腕を磨いたあと、昨年には、神楽坂にオープンして以来大人気の中華料理店「エンジン」へ。1年間、お店立ち上げの手伝いをされていましたが、そちらが軌道に乗ったところで、ご自身も独立。今年9月1日、新宿・荒木町に、「遊猿」をオープンされました。

明るい雰囲気で気軽に入れる中華料理店を目指しており、店内は山小屋風のウッディな造りで、ゆったりとくつろげる雰囲気です。料理はシャンウェイの経験を生かし、アレンジを加えた中華を提供されています。

特徴はカウンターにある大きな「鉄板」。通常はフライパンで行う料理も、目の前で鉄板を使って料理をしてくれるため、目で楽しめるほか、「焼き目が違ったり、仕上がりが変わってきます」とのこと。

今回スタジオにご用意してくださった一品は、新メニューの「鉄板チャーシュー」。普通は釜で焼いて冷蔵しますが、こちらは生のまま4日間漬け込み、2日ほど干しておきます。そして注文が入ったら、切って目の前の鉄板で焼いて提供されるそうです!

チャーシューを目にした渡部は「食べる前から匂いが尋常じゃないくらい良いですし、かなり肉厚!」と、前置きし、実際に食べると「漬け込んでいる時間と干している時間が長いので、うまみが凝縮されてます。味がしっかり染み込んで、なおかつ焼き目もある…これはマネされそうですね! めっちゃおいしい!」と絶賛。

この他にも、今の時期は、牡蠣やシシャモ、本マグロを使った料理もオススメなのだそうです。ぜひ、グルメ王・渡部も絶賛する鉄板中華を堪能してください♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOLD RUSH」
放送日時:毎週金曜 16時30分−20時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP