ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ノルウェーの物価は?治安は?オーロラが待っている!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ノルウェーの物価は?治安は?オーロラが待っている!

今回は北欧、ノルウェーの基本情報をお伝えします。「ノルウェー」と聞いて思い浮かぶのは、迫力満点のフィヨルドやオーロラではないでしょうか。果たして、実際はどうなのでしょうか。それでは、早速見ていきましょう。

 

*編集部追記
2016年11月の記事に新たに3選追記しました。(2017/10/30)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

ノルウェーに行ってみての感想

photo by shutterstock

全体の感想としては、ノルウェーは想像通り物価が高く、旅をするにはそれなりの予算がないと大変だなと感じました。北欧の中でも特に物価が高いので、ノルウェーの後にスウェーデンやデンマークに行くと物価が安く感じてしまうほどです。

 

ノルウェーは街が整然としており、人もあまり多くないのでゴミゴミしていません。世界的に有名なムンクの美術館や、素晴らしい自然が堪能できるフィヨルドなど、見所がたくさんあるノルウェー。サーモンが非常においしいので、ぜひ挑戦してほしいです。

人は親切で英語もよく通じるので、その点は心配いらないでしょう。治安も良いので街歩きをするときもさほど心配いりません。

 

旅行のルート

photo by shutterstock

私はノルウェーの首都であるオスロと、フィヨルドツアーの玄関口として有名なノルウェー第二の都市・ベルゲンを訪れました。どちらも3泊ずつ宿泊しましたが、予算があればもっと深くノルウェーを掘り下げてみたかったです。

オスロとベルゲンの移動には電車を利用しました。この路線は世界でも指折りの人気路線で、風光明媚な景色が眺められることで有名なので、ぜひ利用してみてください。

 

おすすめの都市

photo by shutterstock

「ムンクの叫び」、大自然のフィヨルドやオーロラなど、たくさんの魅力にあふれる国、ノルウェー。首都のオスロは、美しいフィヨルド沿いの人口約60万人の街で、こじんまりとしておりながら、モダンさと歴史・伝統がうまく融合し、美しい景観をつくり出しています。

王宮、バイキング船博物館など、たくさんの見どころがあり、おすすめです。
他におすすめの記事はこちらです
ノルウェーの代表的な料理15選
ノルウェーのオススメ観光スポット33選

 

物価

visitnorwayさん(@visitnorway)が投稿した写真 – 2016 10月 30 1:13午後 PDT

北欧は「物価が高い」というイメージがありますが、ノルウェーも例外ではありません。首都オスロのホステルで安くても3000円台からです。

そして、レストランがとにかく高いのが特徴。レストランでディナーを食べる際も3000円以上は覚悟しなければなりません。テイクアウトですと1000円以下で収まります。テイクアウトや自炊でやりくりしたいところですね。

 

治安

ノルウェーは基本的に治安のいい国です。ただし、どの国に行っても観光客を狙っている盗人はいるものです。ガイドブックを堂々と広げるなど、目立つ行動は差し控えましょう。普通に行動すれば、まずターゲットからは外れるでしょう。

 

気候・服装・旅行シーズン

Nevodov_Viitaliiyさん(@nevodov_viitaliiy)が投稿した写真 – 2016 10月 31 5:41午前 PDT

ノルウェーはある意味、1年を通じて旅行シーズンと言ってもいいでしょう。なぜなら、季節ごとに楽しみがあるからです。春はフィヨルドに咲く花、夏は爽やかな空気、秋は紅葉、冬はオーロラが見られます。

夏になると日中は半袖でも過ごせますが、日が落ちると急に冷え込みます。長袖のカーディガンやシャツは用意したいところです。冬は防寒対策をしっかりと。特に下半身対策には気を配るようにしましょう。

 

通貨

意外に思われるかもしれませんが、ノルウェーはEU加盟国ではありません。そのため、通貨は現地通貨「ノルウェー・クローネ」になります。2016年10月現在、レートは1クローネ=12円です。

首都のオスロでは日本円からクローネに両替できますが、地方では日本円は扱ってくれません。地方に行く際はユーロやドルを用意しましょう。そして、キャッシングに使うためにもクレジットカードは必須です。

 

ビザ

ノルウェーでは他のヨーロッパ諸国と同様に、180日間で90日以内の観光ではビザは不要です。

関連記事リンク(外部サイト)

ノルウェーのオススメ観光スポット33選
鉄道で巡る!ロシア、フィンランド、スウェーデン、ノルウェーの旅
【溢れるオーロラ】ノルウェーの大自然で一生忘れられない体験を
君にはここに立つ勇気があるか?ノルウェーの危険過ぎる絶景”シェラーグ・ボルテン”

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。