ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ノルウェーの物価は?治安は?オーロラが待っている!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今回は北欧、ノルウェーの基本情報をお伝えします。「ノルウェー」と聞いて思い浮かぶのは、迫力満点のフィヨルドやオーロラではないでしょうか。果たして、実際はどうなのでしょうか。それでは、早速見ていきましょう。

 

物価

visitnorwayさん(@visitnorway)が投稿した写真 – 2016 10月 30 1:13午後 PDT

北欧は「物価が高い」というイメージがありますが、ノルウェーも例外ではありません。首都オスロのホステルで安くても3000円台からです。

そして、レストランがとにかく高いのが特徴。レストランでディナーを食べる際も3000円以上は覚悟しなければなりません。テイクアウトですと1000円以下で収まります。テイクアウトや自炊でやりくりしたいところですね。

 

治安

ノルウェーは基本的に治安のいい国です。ただし、どの国に行っても観光客を狙っている盗人はいるものです。ガイドブックを堂々と広げるなど、目立つ行動は差し控えましょう。普通に行動すれば、まずターゲットからは外れるでしょう。

 

気候・服装・旅行シーズン

Nevodov_Viitaliiyさん(@nevodov_viitaliiy)が投稿した写真 – 2016 10月 31 5:41午前 PDT

ノルウェーはある意味、1年を通じて旅行シーズンと言ってもいいでしょう。なぜなら、季節ごとに楽しみがあるからです。春はフィヨルドに咲く花、夏は爽やかな空気、秋は紅葉、冬はオーロラが見られます。

夏になると日中は半袖でも過ごせますが、日が落ちると急に冷え込みます。長袖のカーディガンやシャツは用意したいところです。冬は防寒対策をしっかりと。特に下半身対策には気を配るようにしましょう。

 

通貨

意外に思われるかもしれませんが、ノルウェーはEU加盟国ではありません。そのため、通貨は現地通貨「ノルウェー・クローネ」になります。2016年10月現在、レートは1クローネ=12円です。

首都のオスロでは日本円からクローネに両替できますが、地方では日本円は扱ってくれません。地方に行く際はユーロやドルを用意しましょう。そして、キャッシングに使うためにもクレジットカードは必須です。

 

ビザ

ノルウェーでは他のヨーロッパ諸国と同様に、180日間で90日以内の観光ではビザは不要です。

 

コンセント

ノルウェーのコンセントはBタイプ、もしくはCタイプになります。電圧は230V、周波数は50Hzなので、日本の機械を現地で使用する際は変圧器が必要です。

 

インターネット

ノルウェーでは広くWiFiサービスが受けられると思っていいでしょう。レストラン、カフェから長距離列車、長距離バスまで幅広くWiFiが使用できます。カフェやレストランでパスワードが書かれていなかったら、店員に聞くと教えてくれます。

 

主な観光地・世界遺産

하용구さん(@ma09ma)が投稿した写真 – 2016 9月 28 10:08午前 PDT

ノルウェーと言えば自然、フィヨルドでしょう。世界遺産に登録されているガイランゲルフィヨルドやネーロイフィヨルドは必見。ガイランゲルフィヨルドは様々な美しい滝があることでも有名です。ネーロイフィヨルドは幅が狭いのが特徴。最も狭い箇所で幅250mしかありません。

冬にはオーロラが見られます。特に、北部のトロムソでは市街地でオーロラが観察できます。

 

イベント

Romanさん(@sap.ro)が投稿した写真 – 2016 10月 30 10:21午前 PDT

ノルウェーでは様々なイベントが行われていますが、世界的に有名なのは毎年12月10日に行われるノーベル平和賞の授与式です。授与式はオスロにある市庁舎で行われます。

当日の見学は難しいですが、普段の日ですと市庁舎の見学は可能です。また、オスロには「ノーベル平和センター」というノーベル平和賞の意義を伝えるためのミュージアムがあります。

 

最後に

いかがでしたか。ノルウェーが持っている魅力を満喫するためにも、お金に余裕を持たせた方がいいでしょう。また、冬季にはスケジュールにも余裕を持たせることがコツです。

関連記事リンク(外部サイト)

アナ雪のモデルになったノルウェーの魅力5選
自然環境がダイナミックすぎる「ノルウェー」の世界遺産全7ヶ所まとめ
【溢れるオーロラ】ノルウェーの大自然で一生忘れられない体験を
まさに断崖絶壁「トロルの舌」は訪れる人も景色も想像以上にクレイジーだった!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP