ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人種差別、政治や乱れたヒップホップ文化にコモンが喝、男気溢れる『ブラック・アメリカ・アゲイン』(Album Review)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2014年リリースの10thアルバム『ノーバディーズ・スマイリング』に続く、通算11作目のアルバム『ブラック・アメリカ・アゲイン』をリリースしたコモン。ブラック・ミュージック界の神様的存在である、スティーヴィー・ワンダーをゲストに迎えた先行シングル「ブラック・アメリカ・アゲイン」のミュージック・ビデオが、アルバムのリリースを前に、大きな話題を呼んだもの、記憶に新しい。

 近年アメリカで問題されている、白人警官が黒人に暴力を振るうシーンから始まるこのビデオは、実際に今年7月、ルイジアナ州で起きた事件の映像が使われている。黒人差別を切に訴えるこの曲で、フックを担当するスティーヴィーは「問題を解決する一つの方法は、その人を自分の大切な人のように感じること」と叫ぶように歌っている。

 このタイトル曲からも分かるように、本作はメッセージ性を重視した作品になっていて、人種差別だけでなく、格差問題や政治についてなど、今コモンが感じている様々な社会問題をテーマにしている。“クラブで踊って金撒いて……”という、ハイになるためのヒップホップが近年、多発しているが、本来はこういった“社会の問題”を訴えるために、ヒップホップという音楽は使われていたのだ。

 そんな、乱れたヒップホップ文化にも喝を入れた本作『ブラック・アメリカ・アゲイン』には、スティーヴィー・ワンダーの他にも、ジョン・レジェンドや、ビラル、BJ・ザ・シカゴ・キッド、マーシャ・アンブロージアス、ターシャ・コブスなど、いわゆる“実力派”と呼ばれるR&Bシンガーたちが参加している。プロデューサーは、コモンの他にも、エリカ・バドゥやカニエ・ウェストのアルバムも手掛けている、カリエム・リギンズが担当。

 重低音、ピアノ、ホーン、スクラッチなど、まさに90年代のヒップホップシーンを彷彿させるような音作りに、往年のファンも納得の内容に仕上がった、コモンの新作『ブラック・アメリカ・アゲイン』。英語に馴染みのない方でも、コモンのライムには、何かこう、グっとくるものを感じるはず。濃密な感傷も滲ませる、男気溢れたアルバムだ。

Text:本家一成

◎リリース情報
『ブラック・アメリカ・アゲイン』
コモン
2016/11/4 RELEASE
デジタル配信
https://goo.gl/QXZL1G

関連記事リンク(外部サイト)

コンシャスなリリックを全身に浴びながら、ヒップホップの醍醐味を満喫する快楽。初秋の今宵はコモンの硬派なステージを堪能しながら緩みがちな意識を覚醒させて
今年アカデミー賞主題歌賞を受賞した『グローリー/明日への行進』が、2016年1月にDVDリリースが決定
コモン&ジョン・レジェンドによるアカデミー賞主題歌賞「GLORY」のメイキング映像が解禁

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP