ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SPARTA LOCALS、10年ぶりオリジナル・メンバーで復活

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SPARTA LOCALSが、12月4日に東京・赤坂BLITZで開催される〈DECEMBER’S CHILDREN〉に出演する。

結成時のオリジナル・メンバーである安部コウセイ、伊東真一、安部光広、中山昭仁での出演で、バンド解散以来7年ぶり、この4人では10年ぶりのライヴとなる。

SPARTA LOCALSは1998年に福岡県で結成。2002年4月に1stアルバム『悲しい耳鳴り』をリリースし、2009年9月23日のSHIBUYA-AXでのワンマン・ライヴ〈ラストダンスをあなたに〉をもって解散した。現在、安部コウセイ、伊東真一、安部光広の3人はHINTOとして活動中。安部コウセイと伊東はフォーク・ユニット、堕落モーションFOLK2としても活動している。

復活にあたり安部コウセイがコメントを発表。「HINTOがスパルタローカルズとは違う独立した個性を確立できたという自信が持てた今だからこそ”もう一度スパルタローカルズの楽曲をスパルタローカルズで鳴らしてみたい”と素直に思えた」と説明している。

イベントには、ほかに大森靖子、沖ちづる、the peggies、uri gagarnの出演が発表されている。チケットは本日よりオフィシャルサイト先行抽選予約を受付中。(純三)

■安部コウセイコメント
以前、堕落モーションFOLK2で出演したことがある、
ムーヴィング・オンが企画するイベントライブに、
今回、バンドでの出演オファーがあり、
メンバー同士でじっくり話し合った結果、
一度ライブをやってみようという結論に達しました。

HINTOに不満があるわけでは決してありません。
HINTOがスパルタローカルズとは違う独立した個性を
確立できたという自信が持てた今だからこそ
“もう一度スパルタローカルズの楽曲をスパルタローカルズで鳴らしてみたい”と
素直に思えたのです。

また、スパルタローカルズ初期から後期にかけ、
我々を育て、成長させてくれた事務所ムーヴィング・オンからの
オファーじゃなかったら違う答えになっていたかもしれません。

12月4日、
ノスタルジーの先にある新しい感覚に出会えるよう皆んなで頑張ります。

安部コウセイ

〈DECEMBER’S CHILDREN〉
公演日:2016年12月4日(日)
会場:赤坂BLITZ
OPEN 16:00 / START 17:00
【出演者】
SPARTA LOCALS(安部コウセイ、伊東真一、安部光広、中山昭仁)
大森靖子
沖ちづる
the peggies
uri gagarn
and more

開場時オープニングアクト
Althea

【TICKETS】
1F立見 ¥4,320(税込・ドリンク代別・整理番号付)
2F指定席 ¥4,860(税込・ドリンク代別)
一般チケット発売:11月19日(土)

オフィシャル 3次チケット先行抽選予約受付
受付期間: 11月7日(月)12:00~11月13日(日)23:59
受付券種: 1F立見/2F指定
受付URL:http://eplus.jp/dc16/

・SPARTA LOCALS(スパルタローカルズ)オフィシャルHP
http://www.spartalocals.net/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP